55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

日々の暮らし

不動産購入の道(延長戦)

自宅を処分してからは、「家具家電付き賃貸」で暮らしています。 「家具家電付き物件」は、「快適な断捨離生活」を支えてくれます。 しかし、また「自宅」となると、いろいろ揃えなければなりません… ◆目次 現在は家具家電付き賃貸で暮らしています 購入した…

早期退職からの不動産購入を振り返る その3

当初は、松本市に住むことは想定していませんでした。 仕事と、プライベートでは私が好きな「北杜夫」が「どくとるマンボウ青春期」で描いた街(旧制松本高校卒)として訪ねたくらいです。すいません。 ◆目次 本当は「軽井沢周辺」「越後湯沢」を狙っていた …

早期退職からの不動産購入を振り返る その2

40代までは「転勤族なので一生賃貸」と思っていました。 東北勤務でかの地が気に入り、仙台市に中古マンションを購入したのが1回目。 これは、沖縄転勤で売却(笑) そして、退職して今回の購入になります。 ◆目次 購入予算を考える 内見した物件の価格 最…

不動産購入の道「リフォーム編」

昨年12月に購入契約をした松本市のマンション。 築20年以上で建築時のままです。 そこで、リフォームをしてと考えました ◆目次 リフォーム希望内容 よくよく調べてみると… リフォームをどうするかの結論 リフォーム希望内容 ◆傷んでいる所+好みにリフォーム…

早期退職後の再就職(おかわり)

昨年末からお仕事をいただくようになりました。 要は「原稿執筆」です。 専門的な内容になりますので、執筆期間を「2週間」ほどいただいています。 ◆目次 ジョブ型雇用の原稿執筆で食えるようになるには 世間的には「無職」のまま マルチワーク的に稼ぎをふ…

早期退職後の再就職?!

正社員のお話をいただいています。 とてもありがたいのですが、こちらはお断りする予定。 今年7月から、もしくは来年度4月からでもという好条件ではありますが…。 ここで、早期退職後のお仕事の現実を考えてみましょう。 ◆目次 メンバーシップ採用とジョブ…

早期退職してよかったと思うこと(1年経過)

年度の始まりの季節です。 ちょっと驚いたのは、公務員業界の「有名人」が続々と退職していること。 もちろん早期退職。 早期退職して「転職」する人もいますし、「のんびりしますわぁ」という人もいます。ちょっと不安なのは「この人が辞めたら、日本の将来…

金田の赤いバイク(akira)

東北で暮らしていた頃の思い出話です。 海外からのお客様をご案内する時、ドライバーを仰せつかっていました。 ある時、宮城県の登米市を訪問することがありました。 ふと思いついて「宮城県佐沼高等学校」の横を通ってみました。 通過しながら「これが大友…

早期退職1年の振り返り(その3)

人生にも「旬」があるようです。 私の場合は40代前半。40代後半に身体を壊して入院した時、旬は過ぎました。 早期退職のタイミングをうかがうようになったのは、それ以降です。 ◆目次 早期退職後の暮らし ひっそりと暮らすのが大切かも ひっそりと暮らしてい…

教育現場の現実(おかわり)

不登校やいじめが問題になって久しいです。 対応策として「カウンセラーの導入」があります。 現在は、全国すべての公立小・中・高校に、カウンセラーが配置されていると思います。カウンセラーの方々の努力で、救われた人も多いと思います。 一方で、社会的…

異なる価値観の「通訳」となること

「民間~公務員~民間」という経歴から「通訳」をすることが多かったです。 「通訳」と言っても、外国語ではありません。 「異文化通訳」です(笑)。 民間企業も公務員も、「貢献」という大きなビジョンは共通しています。 ただ、「利益を追求する組織」と…

正社員のお誘いをどうするか

正直なことを言いますと、少し心が揺らぎました。 まず、経済的な不安がなくなりますよね。 ここから正社員で働いた場合、当然、収支はプラスです。 極論すると、ここからの給与は全額使い切っても大丈夫なわけで、それでも「将来の年金支給額は増える」んで…

コロナ感

お招きがあり、都内に出掛けてきました。 お会いしたのは、そこそこ大きな企業の方と学校の先生。 企業の勤務形態は、出勤とリモートのハイブリッド。 学校の先生も、私立の中高一貫校ということもあり、授業は対面とリモートのハイブリッド。出勤も同様との…

確定申告終了(e-tax)

今年は4月15日まで延長されているそうですが、先ほど終わりました。 e-taxでの申告は初めてでしたが、今まで税務署に足を運んでいたことと比べれば、とんでもなく楽ですね。 まぁ、ローンもなく、収入もないので、申告項目が少ないこともありますが(笑)…

封建的な価値観…

テーマ「早期退職して10カ月」 社会、組織から距離を置いて過ごすことで、いままでいかに「封建的な価値観」に縛られていたかがよくわかりました(笑)。 目次 古い価値観 新しい価値観 新型コロナウィルスによる社会変化 新しい価値観による人物評価は始ま…

そもそも選挙・政治の仕組みが「封建制度」のままかも

「封」には2つ読み方があります。 「封筒」なら「ふう」、「封建」なら「ほう」。 「封(ほう)」と読む時は「封=領土」という意味。 「封建(ほうけん)」は「領土を与えて領主にする」という意味。 「封建制度」は、「ここが自分の領土であることを王が…

我慢・継続・従順はもう美徳ではないようです

日本の道徳観は「論語」に基づくと思っています。 いわゆる「儒教道徳」ですね。 例えば「身体髪膚之を父母に受く。敢て毀傷せざるは孝の始めなり。」という言葉があります。言葉を知らなくても、「道徳観」として世間に存在しています。だから「茶髪」「ピ…

地震の「揺れ方」にも違いがある

東北在住の友人からメールが来ました。 爆弾低気圧による雪×強風で、JRが遅延中とのこと。 その待ち時間×車中からいろいろ教えてくれました。 「地震の揺れ」による被害は、場所によっては東日本大震災より大きいとのことです。 東日本大震災は3月11日で…

自粛疲れとから揚げ

テーマ「新型コロナの日々」 今月末締切の原稿を早々に完成させました。 先日、校了の連絡があってホッとしたところ。 編集者ってすばらしく優秀ですね。本当に助けられました。 目次 ひたすら自炊の日々 移住予定の松本で「山賊焼き」を食す 自粛疲れ?? …

利益衡量の発想でオリンピックを考えてみる

テーマ「オリンピックとコロナと」 昨日の続きです。 ojisann5560.hatenadiary.com 東京オリンピックを中止と仮定すると、過日の「森氏の発言とそれに対する対応」は「実施の分岐点」「中止の決定打」という評価になりそうです。それは、現代社会の最終決定…

コロナかオリンピックか(利益衡量の問い)

テーマ「利益衡量」 トロッコ問題をご存じですか? 線路の保守作業中、何かの手違いで電車がやってきた。 このままだと5名の保守作業員は亡くなってしまう。 救うためには、あなたの目の前にあるポイントレバーを操作して、待機線に電車を誘導すればよい。 …

実はどこにでもいる「森氏的おじさん」たち

テーマ「おじさん世代の無自覚さ」 オリンピックはどうなるのでしょうか…。 オリンピック関連のお仕事を請け負っていた友人は、もちろん会社とも相談の上、開催200日前の段階でキャンセルしたそうです。200日前の段階で実施がはっきりしない、調整が成立しな…

パターナリズムと鼻マスク…

テーマ「新型コロナの日々に」 少し頭の整理をしておこうかなと思います。 それは「パターナリズム」について ◆目次 パターナリズム(父性主義、家父長制) 個人の自由と自己決定権の尊重 自己決定権によって多様性が拡大する 鼻にマスクをしていない受験生…

徒然草(吉田兼好)を読み直す

テーマ「読書」 つれづれなるままにひぐらし…ですね。 ちょっと心がざわついてふと手に取ると、いろいろ感情移入してしまいました。 年を取り、世間と距離ができてからの読み直しです。 ◆つれづれなるままに… 現代語訳は「ひまで他にやることない」となって…

他者の目線に立つということ

テーマ「新型コロナの日々に」 医学系小論文のアドバイスを求められています。 そんなわけで、医学部の過去問を見ていますが、とても面白いです。 試験問題から、医学・医療の未来に希望を感じます。 ◆目次 病院を舞台にした文学作品と言えば QOLをテーマと…

新型コロナとメンタルの関係

テーマ「新型コロナの日々に」 ここ数日のブログを読み返すと、イライラしている自分に気付きます。 メンタルが荒れている原因は、昔の記憶がよみがえったからでしょう。 いわば「思い出し怒り」ですね。申し訳ないです。 ◆目次 携帯電話料金の値下げに感じ…

危機管理とは「もし」に備えること

テーマ「思い出すこと」 危機管理の前提は「都合のよくない事実」を根拠に「最悪の未来」を想定すること。 しかし「課題の存在を認めない人」がいると危機管理の前提は崩壊します。 世の中には「平時に有能な人材」と「緊急時に有能な人材」とがいます。 私…

新型コロナが可視化した課題

テーマ「新型コロナの日々に」 災害は「社会課題」を可視化します。 今日が月命日でもある東日本大震災が代表的なもの。 災害復旧には「社会課題」の解決も必要で、それ故に「復興」という言葉が使われたと言えます。新型コロナも同じですね…。 ◆目次(新型…

電気圧力鍋を購入してご飯も炊くか、炊飯器で煮物もつくるか

テーマ「生活の知恵」 「糖質制限×断捨離」を進めた時、炊飯器は処分しました。 料理はいつも「鍋とフライパン」で。 とは言え、寒い季節になると「煮物」が食べたい。 外食を避けているので自分で作るしかないですね。 ◆目次 3,000円の炊飯器を購入 大根と…

全国会議員の夜の会食を人数にかかわらず全面自粛しては。

テーマ「新型コロナの日々に」 政治的なことはよくわかりませんし、発言するつもりもないのです。 今日書くのは、現場経験者の一人として思い出したこと。 それは、当事者の怒り・哀しみを受け止めるのも現場の役割ということです。 ◆目次 「岳」(石塚真一…