55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

コミュニケーションのズレ

 会話がかみ合わない、伝わらない、通じないことはよくあること。

 いわゆる「コミュニケーション不全」という状況です。

 なぜ通じないのか、なぜズレるのか、そしてわかりあえないのか…

 そんなことを昔、考えたことがあります。

 

よくある風景

 二人、もしくは2組が会話しています。

 例えば、上司と部下、医師と患者、先生と生徒、加害者と被害者…。

 こうした状況で意見がかみ合わない、合意・同意に至らないことはよくあること。

 しかし、コミュニケーションのズレを放置した場合、トラブルに発展することも多いです。

 

なぜトラブルになるか

 どちらかが「コミュニケーションのズレ」に気づいていないからです。

 一般的には「知識の多い方、経験が豊かな方、隠し事がある方」が、「ズレているという認識」がないのですね。

 ズレの認識がない方は「コミュニケーションは成立している」と思っているんです。

 もちろん、そこに「悪意」はありません。

 これが「コミュニケーションのズレ」「コミュニケーション不全」の正体なんです。

 そして、ズレを認識している方が、認識していない方に対して感情的になり、不信感を持ち、トラブルに発展すると言うパターンを繰り返します。

 

ハラスメントや学校のいじめ対応の難しさもこれ

 加害者に自覚がない、悪意がないのです。

 ズレや悪意の自覚があった場合でも、行為の動機や意味ついては「正当性」を主張し続けます。

 こうして「ズレ」は解消せず、広がっていくのです。

 

年を取る、役職が上がる、キャリアアップすればするほど危険

 働きやすい上司、風通しの良いチーム、メンバーの対等性や信頼性が高いチームは、「ズレがない」のではなく、「ズレを自覚している、前提としている、ズレていて当たり前」という認識が共有されています。

 そうではないチームでは、「ズレは悪」という抑圧が、年長者・上司・リーダーから発信されます。気をつけたいものです。

 

政府と国民の関係性は??

 そういうことです(笑)。

 政府への不信感が、オリンピック反対の根源かなと思います。

 要するに「気づけよ」ということですね。

 というわけで、この状況は長引きそうです。変異株ですし。

 まず、自分の命を守ることから。

f:id:ojisann52:20210510185247j:plain

         (また食べに行く日を待っています/山形の蕎麦)

テレビなし生活への移行

 集中したい時、無音が良いですか、少しざわざわしている方が良いですか。

 私は、少しざわざわしている方が集中力が高まります。

 カフェやファミレスが好きなのはそういうこと。

 自宅の時は、BSの環境番組やスポーツ中継、旅番組を流すことが多いです。

 

テレビをやめてラジオにする

 ラジオもインターネットで聞けます。

 radikoなら3分遅れで。タイムフリーの配信もあります。

 討論系の番組、新型コロナのあれこれや政府批判(を否定しているわけではないですが)系の内容はパス。

 読んだり書いたりしながらなので、パーソナリティの「ひとりしゃべり」系が耳障りがよいです。

 

どうしても見たいTV番組はTVerなどの見逃し配信で見る

 好きな脚本家のドラマは見たいのです。

 例えば、坂元裕二さんとか。

 で、こういうドラマは、見逃し配信の対象になっていますね。

 他にも、今まで見るともなく流していた環境番組、旅番組もあります。

 そこで、原稿を書く時、適当な番組を「i-pad」で流しています。

 

試してみてわかったのは、時間から解放されること

 同世代の方ならわかると思いますが、「今日は、東京ラブストーリーあるから早く帰る」という会話がありました(笑)。

 中高生の頃、眠そうな友人に声を掛けると「オールナイトニッポン、2部まで聞いちゃってさ」という会話もありました。

 これ、テレビなら見逃し配信、ラジオならタイムフリーで大丈夫なんです。

 つまり、番組の時間に合わせるのではなく、自分の生活リズムに合わせて番組を楽しめるんですね。今までの人生、どれだけテレビに拘束・抑圧されていたかを思い知りました。

 そんなわけで、そのために遅くまで起きていること、お出掛けなどの予定が拘束されることがなくなりました。寝る時間が早くなり、読書時間は長くなり、気持ちが楽になりました。

 

耳障りの良い番組は

 FM東京、月~木の午後1時、「山崎怜奈の誰かに話したかったこと」

www.tfm.co.jp

 これを聞きながら原稿を書くか、昼寝をするかです。

 

 というわけで、転居したら「TVなし生活」決定。

 巷では「ラジオ好き」が増えてきているとか。

 私も、そちらの世界に仲間入りのようです。

f:id:ojisann52:20210510130822j:plain

 

1日「1,000」アクセス!

 昨日5月9日(日)の出来事。

 夕方頃、アクセス数を見て驚愕しました。

 昨日の最終的なアクセス数は「1,150PV」

 もちろん、過去最高です。

 

みなさまに感謝

 たくさんの方にご覧いただき、感謝しております。

 本当に、ありがとうございます

 同じ「はてなブログ」内で、読者になっていただいた方、☆をいただいた方のブログは読ませていただいています。

 とても楽しく、学びが多く、生活の指針になっています。感謝しております。

 

5月からアクセス数が急に伸びた

 5月1日以降、1日のアクセスが「500」を下回ったのは1日だけ。

 後は、必ず「1日500以上」のアクセスがあります。

 「ブログ村」などの登録はしていますが、設定は以前のままです。

 なぜでしょうか・・・

 

検索ワードからの推測

 以下のワードでの検索数が伸びています。

 ・「早期退職」「55歳」「越後湯沢」「リゾートマンション」

 ・「地方移住」「持ち家」「スマホ持たない」「パワハラ

 ここから推測すると

 ①3月末に早期退職をし、4月からブログを始めた人が増えた

 ②早期退職を考えている人が増えた

 ③地方移住、リモートワーク、生活費の削減を考えている人が増えた

 ということなのでしょうか。 

 

今後ともよろしくお願いいたします

 早期退職生活も2年目になりました。

 気分の浮き沈みは終息の気配を見せず(笑)、将来への不安は消えませんが、心にうかんでくるどうでも良いことを、何となく書き綴りながら、あてどもない日々を送っていきたいと思います。

 今後ともよろしくお願いいたします。

f:id:ojisann52:20210510090911j:plain

             (女川駅前です)
 

1日1食生活、その後

 現役時代は1日3食。

 早期退職して1日2食。

 少し前から1日1食になりました。

 

1日1食になると

 少しずつ体重が減っていましたが、現在は停滞中。

 それでも、身体が軽いというのは、気持ちも軽くしてくれます。

 「運動・散歩」なしで、最低限の健康を維持するという意味では、とても効果的だと感じます。もちろん、財布にも優しいです。

 

身体が敏感に反応する

 以前から、糖質制限をしています。

 そんなにストイックなものではありません。基本的に炭水化物を避けるだけ。とは言え、たまにはご飯も炊きますし、甘い物も許可します。

 で、昨晩、原稿に行き詰って、100円のロールケーキを口にしました。

 1時間ほどすると、何となく身体が重く感じ、胸に不快感が生じてきました。

 1日1食にしてから、拒絶反応っぽいものが出ます。

 そういえば、麺・ご飯をあまり欲しなくなりました。

 

お仕事=原稿作成のストレスがあると

 書くことは好きですが、いつも上手く書けるわけではありません。

 毎日が行き詰まり、アイディア枯れ、昨日の原稿を読み直して自己嫌悪の日々です。

 そんな時、おやつが欲しいのです。でも、この「おやつ」が一番カロリー高いんですね。

 であればというわけで、1日2食になる日が増えてきました。

 

1日2食にしても、1日1食と量は同じ

 1日2食しても、量は同じです。

 要するに、1食を2回に分けて食べるだけ。

 1食目が、豆腐・厚揚げ・こんにゃく系。

 2食目が、肉・野菜系。

 というわけで、摂取カロリーは1食でも2食でも変わらないかもしれません。

 

1食でも2食でも「量は変わらない」という安心感

 一日1食でも2食でも良いというのは安心感になります。

 「絶対に1食、それができないのは我慢が足りないという精神論・根性論」は、ダイエット最大の苦痛です。しかし、空腹に耐えられなければ2食、食べる気にならなければ1食で良い…なぜなら、どっちにしても「量は同じだから」

 というわけで、ダイエットの精神的苦痛から解放されました。

 しかも、私の場合、1日1食生活は、ダイエットのためではありません。

 早期退職生活の中で自然に生じつつある日常です。

 

 という日曜日の午前。

 これから、昨晩書いた原稿を見直し、明日送付です。

f:id:ojisann52:20210509110612j:plain

 

フジテレビ社長「遠藤龍之介氏」の父は作家「遠藤周作」

 読書好きになったのは、「遠藤周作」「吉村昭」の作品に触れたことがきっかけ。特に「王妃マリーアントワネット(遠藤周作)」「戦艦武蔵吉村昭)」は、私を世界史・日本史好きに導いてくれました。

 引っ越しでいつも大変なのは、それぞれの「全集」の梱包・移動(笑)。資料なども含めてこれが大量なんです。

 

命名は、父の芥川賞受賞にちなむ

 遠藤周作は、慶応義塾大学仏文科を卒業し、戦後初の留学生としてフランス留学。帰国して作家活動を始め、「白い人」で芥川賞受賞。これで作家として認められて結婚。1年後に生まれたのが一人息子の龍之介氏。慶応幼稚舎から慶應大学に進み、父と同じ仏文科を卒業します。

 父遠藤周作は、子供の「学歴・受験」に興味がなく、慶應に入学しても寄付金などは一切払わず、大学に進むことも反対したとそのエッセイに書いています。

 

遠藤周作は「肺病」に悩む生涯を送った

 最初は、大学時代の「肋膜炎」。フランス留学では「肺結核」を起こして帰国。

 「海と毒薬」を書き上げた後に「肺結核」が再発。三度の手術で奇跡的な生還を果たします。

 結核は伝染病です。空気感染します。

 遠藤周作のエッセイの中に、自分はなぜ結核になったのか…を看護師に問いかけるシーンがあります。「何も悪いことはしていないのに、みんなと同じ生活をしていたのになぜ」という恨みが籠った文章です。

 それに対し、看護師や一緒に入院している先輩患者は、「例えば、電車に乗った時、たまたま結核菌を持っている人の隣に座って、それでということだろうね」と返します。

 

昔の同僚から連絡があって…

 年齢が同じで、変に気が合いました。

 彼は、医師一家の三男。地元の国立大学医学部を卒業して医師になったのですが、何を思ったか公務員に転職してきました。精神医学を専攻した神経科心療内科医で、私が教育部局で不登校・カウンセリングなどを担当した時のパートナー。

 現在は、新型コロナ対策の最前線(行政側)にいます。

 現場のいろいろ、愚痴、現状、絶望と希望などを吐き出してもらいました。私の方が医師みたいでしたけど(笑)。

 で、感染経路が全くわからない患者が出てきているとのこと。

 例えば、30代一人暮らしで完全リモートワーク。外出は食料品の購入程度で、生活動線は固定されている。髪も切っていない。もちろん外食・旅行・カフェ・誰かと会うこともない…。それでも感染。

 「お前は大丈夫か」と言われましても、どう答えて良いか…。

 

そういう段階に入ったということだから…

 「変異株ってこと?」と聞くと「そう」。

 彼は「医師・科学者」ですから、「最悪の想定」を意識し、そこから逆算して思考します。ただ、科学の立場からの提案・解決が理解されにくい。ボトムアップの場合、対応策を実現するための「兵站」の根回し・調整を終えてから実施となる。しかしトップダウンの場合、対応策だけが指示されるので混乱が大きく、無駄な消耗が多い。もう公務員は辞め、医師に戻った方が人の役に立ちそう…。

 

チーム作りのワークの依頼

 連絡の主旨は「チームのメンバーが疲弊しきっている。ついてはワークで建て直してくれないか」でした。

 やる予定です。どう考えても長期戦です。リフレッシュは大切。

 何より、解決を導くことができるのは、彼のような人たちしかいませんから。

f:id:ojisann52:20210509102144j:plain

 

引っ越しが進むと原稿も進む

 5月末締切の原稿が、なかなか進みません。

 内容が少しやっかいで、新たなinputが多めに必要なのです。

 そんなこんなで、なかなか進まなかったのですが、一昨日何かが降ってきて(笑)、2パート分の初稿が出来ました。

 なぜ、突然進んだのか…を振り返ると、引っ越しが進んだからなんですね。

 

ネットで発注した家具・家電の受取日時が決まる

 新居は松本。鍵の引き渡しも終わっていますが、住むのはリフォーム後。

 ベッド・冷蔵庫などの大型家具・家電は配達になります。

 となると、受け取りのために「松本」まで行く必要があります。

 この日程が、なかなか合わない、決まらない、返事がない…というわけで、ちょっと困っていました。それが先日、やっと決まりました。

 

荷物の一部を「ゆうパック」で配送する

 自宅も松本も「緊急事態宣言」の対象ではありません。

 とは言え、ご時世、県境をこえる移動は好ましくありません。

 そこで、書籍などの残りの荷物をゆうパックで送ることにし、先日発送しました。自宅まで回収に来てくれるので楽ですね。ちなみに「段ボール」は、東京からここに来た時に利用したものを再利用しています。

 到着は、家具家電の受取日時に合わせました。

 これで、引っ越しは90%終了です。

 

あと2回「自宅~松本を往復」すれば引っ越し完了

 荷物などの受け取りが1回。リフォーム工事の終了確認が1回。以上です。

 リフォーム日程がまだはっきりしないので、現在の自宅を出る日は決まっていません。しかし、それ以外の懸案事項が解消に向かいました。

 頭の中がスッキリしました(笑)。これで原稿への集中力が復活しました。

 

地方あるある

 主たる連絡手段は「ネット」ですか、「電話」ですか。

 私は100%近くネットです、プライベートもお仕事も…。

 ただ、沖縄では「電話」でした。

 メールをしても返事が電話でかかってくる。連絡先が電話しか表示されていない。そもそもメールを見てくれない(笑)。相手にもよりますが「固定電話」しか連絡手段がないことが多い。

 今回もそういう感じ。購入はネットでできても、配達は電話しないといけない。

 不動産購入、リフォームも電話も同じく…。

 電話しながら、日時・場所、電話番号のメモを取ったのは久しぶり。

 不在で伝言をお願いした時は、何だか懐かしい感じがしました(笑)

 で、この「電話」ってのが、つかまらない、返ってこない、決まらないんですね、メールより(笑)。ですから「連絡事項」がずっと頭の中にある…そういうストレスがありました。これが「原稿への集中力」を削いでいたようです。

 

荷物を送り、自宅の部屋からモノがなくなると…

 部屋からモノがなくなると、原稿への集中力が高まりました。

 というわけで、これで新居のレイアウトが決まりました。

 ・玄関わきの小部屋→荷物置き場、クローゼット、

 ・和室      →ベッドルーム、

 ・リビング    →机と書棚のみ

 というわけで、一番景色がよいリビングを「仕事&勉強」のスペースにして、洋室8畳は「机・椅子・書棚のみ」にします。さらなる断捨離の方向性も見えてきました。

 がんばれそうです(笑)。

f:id:ojisann52:20210508100753j:plain

               (input中です)

自動車税を納付する

 昨日の夕方、玄関から音がしたので郵便受けをのぞくと入っていました。

 自動車税の納付書です。

 昨日のうちに「インターネット×クレジットカード支払い」で終了しました。

 

自動車税納付

 34,500円です。

 東北時代に「フィットⅡ」を新車で購入した時、排ガス規制などの条件を満たしている車両には、自動車税の減免がありました。

 詳しくは憶えていないのですが、購入後2年くらい、1万円台後半だったような気がします。3年目に満額になったような気が…。

 その規準で言えば、ハイブリッド車でも減免がと思いますが、ないですね。残念。

 

納付もインターネットで

 郵便局にいかなくても大丈夫。

 「インターネット×クレジットカード支払い」なら、自宅からネットでOKです。

 カード払いなので、ポイントもつきます。「陸マイラー」としてはうれしい限り。

 

インターネットの納付方法は

 私は普通自動車なので「県税」になります。

 「ネット×クレジットカード支払い」は、県によって可能・不可能があるようですのでご確認ください。都道府県名 自動車税」【検索】で、都道府県のHPの自動車税のページを見れば確認できます。

 可能であれば、「納付方法」をクリックすれば、「インターネット×クレジットカード支払い」の説明があります。

 ご時世、インターネットでの納税が勧められているようですね

 

ネットでは領収書が出ない

 郵便局などで納付した場合、領収書が返ってきます。

 しかし、ネット納付の場合、領収書は出ません。ネットショッピングのように、領収書をダウンロードして印刷できるわけでもありません。

 ただし、以前は「車検時に自動車税の領収書」が求められましたが、その制度は最近廃止になったのですね。であれば、領収書は不要です。

 

ネット支払いでちょっと怖いこと

 納付では、「納付番号(18桁)」「確認番号(6桁)」の入力が必要です。

 例えば、クレジットカード番号を間違って入力すると「該当なし」というメッセージが出てきて、ミスに気づき、再入力できます。

 自動車税のネット支払いにそういう機能はないようです。

 念のため、入力時に番号確認、スクリーンショット保存をしています。 

 手続きが終わると、メールで完了通知が来ます。そこに納付番号・確認番号が記されているので、これも確認しました。一応大丈夫のようです。

 

納付期限に気をつけて

 自動車税の納付期限は「5月末日」です。

 郵便局などでの納付は、5月31日でも大丈夫と思います。

 しかし、クレジットカードの場合、カード会社によって決済日が異なります。

 5月中に処理しても、決裁されるのが6月だとやばいですね。

 このあたりは私もよく理解できないので適当なことは言えないのですが…早めがよいと思います。 

 

東京に戻ってからと、沖縄時代は車を所有していなかったので…

 東京はともかく、沖縄で車なし生活は無理ですよね。

 沖縄では、レンタカーで過ごしていました。

 レンタカーのマンスリー契約を更新しつつ4年過ごしたのです。

 何が楽かと言えば、税金・保険・車検・点検が料金に含まれていること。

 詳しくはこちら👇 

ojisann5560.hatenadiary.com

 そんなわけで、自動車税を納めたのは久しぶり。

 久しぶりの納税はネットで数分で終わりました。

 時代は、変わるのですね(笑)

f:id:ojisann52:20210508071755j:plain

 

      (愛車は、1回の給油で1,000キロ走ってくれます)