55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

早期退職生活10カ月の振り返り

テーマ「早期退職してよかったこと」

 早期退職が正解かどうかは、まだわかりません。

 ただ、人生にも、思考にも「余白」が生まれたことを実感します。

 余白のおかげで、いろいろなことがわかるようになったと感じます。

 というわけで、早期退職後の変化をいくつか

目次

noを言わなくなった

 組織に所属している時は、noを言うこともありました。

 他の人でもできること、容量的に無理なこと、法律や手続き的にまずいことなどは、業務命令であっても「no」を伝えて自分を守ることが必要でした。

 しかし、退職した「個人」が「no」と言うと、機会を失うのですね。

 法的・能力的に無理なことは無理です。しかし、「他の人でも…」と思うようなことでも、わざわざ私に依頼していただけることは、ありがたく「Yes」を言うようになりました。

いい意味で自分を捨てた

 現在は、組織を離れたばかりの「個人初心者」。

 組織を離れたことで「利害・立場・過去」に関係なく、物事を見ることができる、価値を見つけることができるのは、とても楽しいです。

 一方で初心者に「自分の考え」は求められていないことをわきまえることが大切(笑)

 相手の価値観や、自分に求められていることを理解し、それに沿ってお仕事をすることが重要。そのためには、相手の価値観の背景にある「学問・思想・思考」を理解することが必要。

 「個性」より「スタンダード」なんですね。

一人で抱え込まない

 個人としての自立、相手の理解の先にあるのは「相互理解」。

 相互理解がないと個人もないという逆説(笑)。

 そういう意味で、web-meetingは、とても有効。リモートワークだからこそ、時間を決め、準備をして、対話ができる。

 相互理解を進める・確認するのは「対面」より有効な部分を感じます。

まとめ(個人初心者の心得)

 「no」を言わず、いい意味で自分を捨て、相互理解に基づいて物事を進める。

 「個人初心者」の心得として記録しておこうと思います。

 「柔らかな個人主義」ってこういうことかもしれませんね(笑)

 

f:id:ojisann52:20201214020323j:plain

 

封建的な価値観…

テーマ「早期退職して10カ月」

 社会、組織から距離を置いて過ごすことで、いままでいかに「封建的な価値観」に縛られていたかがよくわかりました(笑)。

目次

古い価値観

 今までは「組織・コミュニティ」の規範を守り、その中で最善を尽くすことがモラルでした。

 「個人」と言っても、「組織の一員」に過ぎないのですね。

 「組織・コミュニティの規範」とは「封建道徳」です。

 会社のために働いて給与をもらう、そして会社は社員に忠誠を求める、そういう関係性ですね。

新しい価値観 

 これからは「市民」であることが求められます。

 市民としてグローバルな取り組みに貢献し、個々の多様な視点や発想を尊重し、フォーマルな場だけでなく、私的な場面でも社会的に共有された価値観を構築していくことが求められます。

 ここで言う「社会的に共有された価値観」は、「公共倫理・男女平等・相互承認」などになります。これらは「封建社会」から「近代社会」に移行する際に生まれた「新しい価値観」です。

新型コロナウィルスによる社会変化

 政府の対応に国民が納得していないという印象があります。

 オリンピックの開催もそうですね。

 納得していないのは「新しい価値観」の人。

 ということは、政府が「古い価値観」ということ。

 つまり、日本も「新しい価値観に移行しつつある」ということです。 

 オリンピック開催国としては「新型コロナウィルスに対する人類の勝利」ではなく、「市民によるグローバル社会の実現」であってほしいのですが…。

新しい価値観による人物評価は始まっている

 企業の入社試験、大学の入学試験には、新しい価値観による評価が組み込まれています(笑)。

 今年度の大学入試小論文の問題にも、そういう観点を感じます。

 そんなことを高校生に伝える今日この頃です。

f:id:ojisann52:20201121115103j:plain

 

 

 

 

 

 

高校生との対話「受験勉強のこと」

 学習支援に参加しています。

 小論文などのお手伝いをしているので、高校生と対話する機会が多くあります。

 高校生から学ぶことは多いですね。

 で、少し「受験勉強」についてまとめておこうと思います。

 

 昭和~平成の大学受験は「知識重視」。

 「学力」とは「正解に対して早く到達すること」。

 令和の大学受験は「知識×思考」。

 「学力」とは「知識を結びつけて、正解をつくること」。

 

 別な表現で言えばこういう感じ

 昔は「大学受験」「就職試験」に合格することと、「大学で学ぶこと」「社会で働くこと」は、そこそこ一致していました。

 やがて、受験対策は洗練され「合格への最短距離」が形成されるようになりました。  

 一方で、学問の進化は「必要な知識を増やしました」し、社会の複雑化は「一問一答形式の思考力では対応できない」ようになりました。

 つまり、受験勉強は「最短距離」が作られましたが、大学や社会では「広大な知識と思考の世界」が求められるようになったのです。

 こうして、高校受験・大学受験・就職試験を優秀な成績で突破しても、「学問の世界や社会では通用しない、適応できない」という状況が出来たのですね・・・。

 つまり「入試学力」と「学問・社会人に必要な学力」とが一致しなくなったのです。

 

 これを理解している公立・私立のトップ校では、最短距離的な受験指導をしません。

 本格的な「学問」のやり方で授業に取り組みます。

 これは「予備校」でも同じ。「受験の技術」ではなく「学問の技術」を伝える。

 「地域課題」を題材にした「課題解決思考」を学ぶ授業も、同じ発想。

 つまり、入試で合格する「学力」と、大学で学ぶ「学力」とが、「同じ学力」になるようにしている途中なのです。

 

 となると…

 「最短距離」という発想では、受験はうまくいかない可能性が高いんですね。

 「文系・理系」という枠組みを取り払い、いろいろな教科の知識と発想とを結びつけて仮説を形成する思考力がとても重要。

 個々の競技の記録は平凡でも「陸上の十種競技」になるとトップ5に入る…という人材が求められつつあるというか、理想とされつつあるんですね。

 

 だから、合理性という言葉で「無駄のない勉強をしたい」「余分なことはしたくない」を正当化する思考は危険。それは「昭和・平成の価値観」。

 できなくても良いので「知っておくこと」が大切。

 例えば、苦手な数学でも「統計とゲーム理論」が理解できる程度までは進めておく。

 そうでないと「小論文」が書けないってことなんです(笑)

 

 ということを高校1~2年生にお話しました。

 先生方からは、好評だったようです。

 そんな今日この頃です。 

f:id:ojisann52:20201107124303j:plain



 

 

 

そもそも選挙・政治の仕組みが「封建制度」のままかも

 「封」には2つ読み方があります。

 「封筒」なら「ふう」、「封建」なら「ほう」。

 「封(ほう)」と読む時は「封=領土」という意味。

 「封建(ほうけん)」は「領土を与えて領主にする」という意味。

 

 「封建制度」は、「ここが自分の領土であることを王が認めてくれる。その代わり領土であることを認めてくれた領主は、王に忠誠を誓う」ということ。

 これは日本の選挙で、「ここが自分の選挙区であることを党が認めてくれる。その代わり立候補者は、公認してくれた党に忠誠を誓う」に極めて近いですね(笑)

 この構造から何とかしないと、日本の政治の仕組みや発想は変わらないかもしれません。

 

 封建制度には「分断」を生む仕組みも内在します。

 何かあった時「領主として認めるか、認めないか」「王に忠誠を誓うか、誓わないか」という選択肢しかありません。常に「2択」です。

 そして「2択」以外の立場を取るものは「敵認定」されます。両方から(笑)。

 賛成か反対か、誓うか誓わないか、認めるか認めないか…それしかない。

 つまり「分断」ですね。

 

 封建的な社会では、「中立」「発展的解決」は「敵認定」されます。

 そういう意味で「賢者」は、今の日本ではおとなしくしていた方がよいかもしれません。アフターコロナの世界で必要な人材を、今使い切ってしまうわけにはいきません。

 本当に大切な人材は、オリンピック、コロナなどには関わらず、未来の準備に専念してほしいと、そう思います。

 

 早期退職してよかったのは、中立の世界にいても敵認定されなくなったこと(笑)

 組織から離れ、封建的思考から離れたことも、穏やかな心を取り戻すことになりました。一方で、自分の中の封建的思考のクセにも気付き、修正を試みているところです。

 そんな今日この頃(笑)

f:id:ojisann52:20210219132341j:plain

 

 

 

 

 

 

 

我慢・継続・従順はもう美徳ではないようです

 日本の道徳観は「論語」に基づくと思っています。

 いわゆる「儒教道徳」ですね。

 例えば「身体髪膚之を父母に受く。敢て毀傷せざるは孝の始めなり。」という言葉があります。言葉を知らなくても、「道徳観」として世間に存在しています。だから「茶髪」「ピアス」を認められない人、嫌悪感を示す人がいるんですね。

 若い世代もそれを知っていますから、就職活動の時は、この道徳に準じます。

 私よりも上の世代で学生運動に身を投じた人が、卒業前には髪を切って就職活動したのと同じ(笑)

 つまり、現代日本は「年長者」が価値観を支配する「パターナリズム」の世界なんですね。何だかんだ言って「封建性」「トップダウン」です。

 

 東日本大震災があって、その復興で試みたのが「ボトムアップ」です。

 何もなくなった街をどうするか…。これを「トップダウン」で決めることはできません。住民ひとり一人の思いと考え、課題と未来とを共有することが必要です。しかも、復興した街で暮らすのは、その時の「子供たち・若者」です。高齢者仕様の街にすることも必要ですが、それだけだと人口流出が加速し、いずれゴーストタウンになります。

 そこで「教育・学校」を中心とした街づくりを試みた地域があります。

 つまり「ボトムアップ」ですね。年齢や社会的立場などに関係なく意見を言える場、話し合える場を作ることができる人、仕組みの導入です。

 あれから10年経って「ボトムアップ」が浸透してきています。

 ボランティアの現場でも、支援の場でも、若者が中心となって「社会のひずみ」を支えてくれています。

 

 トップダウン・封建的発想・家父長制…そういうものは、まだ存在します。

 私たちの世代は、体罰もありましたし、怒られて、しごかれて、理不尽に耐えることも多かったです。そして「怒られることに耐えてきた人」が生き残ることができた世代でもあります。成功をつかむのは「我慢」「継続」「従順」という価値観になります。

 

 「我慢」「継続」「従順」というかつての成功体験は、すべて「ハラスメントの温床」になります。下の世代にこれを根拠なく強いることは、犯罪です。

 たぶん、これがわかっていない。

 本人に悪気がないので、それが「処分」「犯罪」に発展することが予想できない。

 或いは、価値観の変化の中で「ババを引かされる危険性」に気付かない。

 

 そうなる前に早期退職し、世間から距離をおいて生活できることに感謝しています。

 リモートワークは、古い価値観にとらわれている50代にとって、本当にありがたい働き方です。 

f:id:ojisann52:20210218110842j:plain


 

 

人選と根回し

 何かのプロジェクトが立ち上がると「リーダー」が必要になります。

 プロジェクトの内容によりますが「社内からは役職」「社外からは社会的地位」で、必要・相応しい人に「役職」を依頼します。その中には「リーダー」もいます。

 リーダーはどうやって決まるか…その究極は、「組織の偉い人がAさんに依頼しよう」と決めてしまうこと。ここから事務方が実現に動きます。

0,組織のトップが「Aさん」を推薦する

1,Aさんの身体検査(キャリア、実績、人柄、評判など)

2,Aさんにルートがある人が、Aさんに打診の打診

3,Aさん承認ついて、社内の関係者に根回し

4,Aさん承認について、Aさん周辺の関係者に根回し

5,Aさん承認のための「会議日程」「会議資料」「大義名分」などを準備

6,Aさんを「運営会議」で承認

7,「運営会議」の承認を受け、Aさん所属組織のトップに打診と依頼

8,「社内会議」で承認

9、AさんとAさん所属組織に文書で正式依頼

 というわけで、トップダウン型の決定は、どこもこのようなものではないでしょうか。今回も、M会長が黙っていれば、この手続きを経てK新会長が誕生していたはず(笑)。

 この手続き「民主的」ではありません。会議の前に、本人も含めた関係者の合意を得ていますから、社内会議は「儀式」に過ぎません。型通りの反対意見を述べる人がいて、「Aさん本人の承諾を得ています」と返してその場は終わり。

 というわけでこの方法、民主的ではありません。

 しかし、「短時間」で人選が終わるというメリットがあります。

 

 本来「民主主義は時間がかかるもの」です。

 「平等・公平の実現」「民意を吸い上げる(ボトムアップ)」「話し合う」という作業は、とても時間がかかります。

 しかし、この時間を「非効率的」「公務員の仕事は遅い」とする人もいます。

 「公務員の仕事は遅い」という批判は、実は「トップダウン×根回し」による「非民主主義的決定方法」を無意識に支持しているんです(笑)。

 また、「トップダウン×根回し」以外の方法を…と言われると黙ってしまう人も多いのです。根回し後の会議が儀式に終わるのは、他の決定方法を持たない…という点も大きいですね。

 

 では、これ以外に組織運営はないかと言えば、そんなことはありません。

 サッカー元日本代表監督の「岡田氏」が「今治のサッカーチーム」で始めています。

 ぜひ、ご覧になってください(笑)

f:id:ojisann52:20210217085209j:plain

 

 

 

 

 

 

地震の「揺れ方」にも違いがある

 東北在住の友人からメールが来ました。

 爆弾低気圧による雪×強風で、JRが遅延中とのこと。

 その待ち時間×車中からいろいろ教えてくれました。

 「地震の揺れ」による被害は、場所によっては東日本大震災より大きいとのことです。

 

 東日本大震災は3月11日でした。

 その後「4月7日、23時32分」にも大きな余震がありました。

 この余震「M7×深度6強(津波なし)」。

 先日の地震とよく似ています。

 

 4月7日の余震は、大きな横揺れで、揺れの方向も東西・南北と変わりながらだった記憶があります。

 「3.11×M9」の本震で倒れなかったもの、壊れなかったものが、「4.7×M7」の余震で倒れたり、壊れたりしたんですね。

 少しは片付けが進んでいた状態がリセットされる。加えて、新たに倒れたり壊れたりするってのは、精神的なダメージが大きかったです。

 

 地震を「大きさ」だけで測らない方が良いです。

 揺れ方、方向、時間など、いろいろな要素によって被害が異なります。

 もう一度、部屋の中を確認してください。

 意外と怖いのはキッチンです。

 目線より高い所に、鍋とかお皿とか収納していませんか? 

 本棚とかも以下同文。棚を固定していても本だけ降ってくることもあります。

 

 大事なものは「目線より下」に置きましょう。

 「目線より上」に溢れるものは「断捨離」しましょう。

 ご家庭だけでなく、「職場」でも実践をお勧めします。

 これも「防災」です。

f:id:ojisann52:20210216110452j:plain

     (仙台に行ったら必ず立ち寄っていた美味しいパン)