55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

気ままな旅(第四日目・白馬)

 

この4日間は猛暑でしたね

 天気がよかったのは、から梅雨明けの猛暑というオチでした。

 とにかくバテバテだったのは、体力の低下もありますが、身体が暑さに適応できなかったことも大きいようです。

 そして、松本の湿度の低さを再認識しました。小澤征爾氏が、サイトウキネンフェスティバルを松本に持ってきたのは、スポンサーであるエプソンの本拠地というのが大きいですが、同時に、海外からメンバーが集まる時、湿度の低い高地である松本がよいと考えたのかもしれません。

 

今日は白馬へ

 松本発10:41の「あずさ」に乗ると、白馬に11:41到着。

 そして、白馬発15:16の「あずさ」に乗れば、松本に16:20到着。

 白馬で3時間、どこで何をするか、時間を持て余さないかと不安もありました。しかし、白馬駅を降りれば北アルプスの絶景、そして涼しい風。というわけで、しばし散策。山を正面に見ることができるカフェでしばし呆然。そしてお仕事という流れ。

 あっという間の3時間で、ちょっと帰りたくないという気分です。

 

自家用車では楽しめない風景をじっくり楽しむ

 運転中は、当然正面を見ているわけで、左手に広がる北アルプスの風景をゆっくり見ることはできません。白馬村の中を走る時も、よい景色をつかむことは難しいです。

 そんなストレスがあったので、いつか電車と思っていました。

 車窓の風景は想像以上に素晴らしく、歩いて見る白馬の景色に圧倒されました。

 写真は「水田×夏の八方尾根×雪の白馬岳」という季節の混在する風景です。

 

というわけで、ちょっと疲れました(笑)

 良い疲れです。おかげでよく眠れました。

 そして、7月1日からのお仕事はキャンセルになったので、次は来週月曜日からになります。しばし、のんびりした週末になります。

 外出はせず、自宅に籠って怠惰な時間を過ごしつつ、大学のレポートの準備を進めようと思います。

 4日間、お出掛けして何があったわけではありません。ただ、お出掛けしたことで、今年前半の終わりというか、けじめというか、切り替えができたような気がします。

 

 というわけで、今年の前半がおわります。

 明日、夏越しの祓には出掛けて、あとは家でのんびりすごします。

人生にも鉄道にも迂回ルートがある(気ままな旅の記録)

 

駅員に詰め寄るお客様を見て過去のトラウマが少しよみがえる

 JR東日本「大人の休日俱楽部」の会員になると、年に数度、4日間JR東日本乗り放題のチケットが利用できます。15,260円で4日間の乗り放題はかなりお安い。

 久しぶりにこのチケットで旅に出ましたが、同じチケットで旅行中の方が結構います。「大人の休日俱楽部」は、50歳以上が入会要件。で、平日に旅行できるのは退職者になりますから、そこそこ高齢の方が多い。

 乗り換えの駅ごとに、激昂する方を見るのは、ちょっと興ざめでした。

 

乗り放題は「紙のチケット」です

 自動改札に一度チケットを入れて、出がけに受け取るものです。

 Suicaのような接触型ではないのですが、そのことで怒っている人。

 20代の駅員に「上司を出せ」って(笑)。それはね、私もSuicaで使えるようになれば便利とは思いますが、Suicaだと、列車の内での検札ができないか、時間が掛かるのではないんじゃないですかね。

 あと、チケットをなくしたと言っている人。自動改札にチケットを入れて、受け取らずに…。チケットは失くすと無効ですよね…。

 

怒る人

 見た目的に「何言っても怒らなそう」な私は、こういう場面の当事者になりがち。つまり、怒りを浴びがち。

 技術の進化は制度の変更を導きます。ただし、制度は古い・新しいが混在します。

 チケットも「紙とデジタル」「改札を通すと接触型」が混在するんですね。そして、最新技術が詰め込まれた新幹線が、紙チケットだったりするという逆説が生じる。在来線は「デジタル×接触型」なのですけどね(笑)

 この逆説を面白がるというか、これも旅情と思うのが私なのですが、それは個人的なもの。世の中には、「逆説を理解できない人」「矛盾と感じて納得できない人」「自己の失策を制度のせいにして正当化しようとする人」が一定数存在するわけで、そんないろいろをちょっと思い出してしまいました。

 

人生も鉄道も迂回ルートがある(笑)

 予定通り、思惑通りにならないことは、特別なことではなく、日常的なことと考えています。「盛岡~秋田」の最短距離は秋田新幹線ですが、それが自然災害で運転見合わせとなれば、迂回ルートを取るか、目的地を変更すればよい。ただ、それを受け容れられない人っていますし、その背景には「目的を変更すること」「最短距離以外の方法を合理的ではない」と受け容れない発想があります。日本社会の(無駄な)精神文化的発想に近い気がしますが…。

 そういうものが、日本社会を息苦しくしているような気がするんですね。

 で、私は、迂回ルート専門、遠回り×まわり道ばかりで、でも、そこで学んだことって多いんですね。そういう意味で私にとって迂回ルートは合理的な学びの時間なんです。そして迂回のきっかけになる出来事(想定外のこと、ハプニング)が、まさに出会いだったと思います。

 松本暮らしも、その一つですね。

 

 というわけで、一晩明けても為替は高めを維持しています。

 今日は、松本・白馬のカフェ巡りで原稿を進めます。

気ままな旅(第三日目・松本)

我ながら究極の気まま旅

 帰宅しました。要因はいくつかあります。

 ①暑い

  ・歩いているだけでクラクラします。まだ6月ですよね。

  ・列車内も結構暑いです。冷房は入っていますけど、暑さでバテます。  

 ②列車が混んでいる

  ・新幹線の指定席は、各車両ACE席がほぼ埋まっています。

  ・自由席は、下車時にはほぼ満席。

  ・コロナ前とあまり変わりない感じになってきました。

 ③宿も混んでいる

  ・火曜日は満員が多いですね。

  ・「空いている×安い」のは都内ですが、新幹線から山手線に乗りかえる

   気力がわきません

 というわけで、一度帰宅しました(笑)

 

松本はやはり私に合っている??

 松本も30℃は超えています。しかし、湿度の低さ、風の涼しさがあります。

 海外から日本に帰国すると、最初に「湿気」を感じますが、その逆ですね。

 部屋に風を通すとエアコンは不要。そのまま昼寝をして目覚めたのが今。

 松本駅から自宅まではタクシーでと考えていました。しかし、松本駅に降り立つと、そのまま自宅まで徒歩で帰宅しました。身体が回復したようです。

 

今回の反省・想定外だったこと

 鞄の重さ。以前と変わったのはPCとiPad

 車移動になることを想定して1㎏を超えるPCに替えました。これにコードですから結構重い。iPadも、miniから10インチになりました。

 最近、自家用車内で音楽を掛けることがなくなりました。列車移動でも同じ。ということは、イヤホンとかも不要。その他、自分の変化で不要なものが増えています。そういうことにまだ気づかず持ち込んだものもあります。

 あとは、食事ですね。旅先で美味しいものをとちょっと思っていました。

 居酒屋で「サラダ×唐揚げ×ハイボール」という、健康風で実は不健康なメニューをと思っていたのですが、その食欲もなし。身体は食事よりも睡眠を求めます。

 

自家用車生活で身体がなまったか??

 それもあるでしょう。ただ、それよりも心当たりのあることがあります。

 「自家用車×リモートワーク×自宅暮らし」も長くなりました。人と接することが減っています。というわけで、人混みがダメになったのかもしれません(笑)。

 それと、松本の快適な暮らしが重なって、私のテンションがだいぶ低くなっているようです。列車内ではしゃぎ気味のグループを見ると、ちょっと気になるんです。

 

明日は

 4日間乗り放題で15,260円ですから、元は十分取りました。

 明日は、白馬まで「あすざ」で往復します。

 北アルプスを列車でゆっくりみたいと思っていましたので、それを実現。

 そうこうしている間に、ドルは160円、ユーロは144円に入っています。

ポイント活動的成果が見えてきたこと(早期退職の生活費)


pontaポイントが増えている

 現在、松本を離れて旅行中です。

 幸いと言うか、偶然と言うか、auPayを使える店舗が多くてちょっと嬉しいです。

 で、先ほどふとポイントを確認すると1万ポイントを超えていました。

 そんなに使った覚えはないのですが…

 

他のポイントと比較すると

 paypayは、昨年からスタートし、今年になってpaypayカードを作りました。

 これで「還元率1.5%+カード加入特典5000ポイント」を達成。

 それでも、利用開始1年で15,000ポイントです。

 ちなみに、メインだった「JAL×WAON」は、1年で20,000ポイント。

 ところが、4月からスタートしたpontaが、速くも10,000を超えました。

 

3か月でこんなに増えるの??

 4月以降、auPayカードなどを作り、仕組みを理解し、つなぎ合わせて利用開始しました。ある程度の加入特典もありますが、それにしても、paypayの1年分、JALマイレージの1年分の半分を数カ月で稼いでしまったのは、ちょっと驚き。

 ただ、これはau系が特別に多い…というわけではないのでしょう。

 楽天やpaypayなども、それぞれのしくみを理解すれば、もっとなのでしょう。特に楽天はすごそうですね。

 

今後の予定は…

 秋以降に、スマートフォン、電気などをau系に変更予定。

 公共料金などの支払いも、そちらに変更中。

 ちなみに、投資信託をカード引き落としにすると5%還元とか…。

 なるほど、「○○経済圏」という言葉や参加には、感情的な違和感・抵抗感があったのですが、うまく使えばこういうことなんですね。

 

 という既に活用中の方からすると「今頃…」という内容ですいません。

 しかし、初心者としては驚きの連続。

 そういえば、マイナポイントもそろそろ入って来るはずですね。

 知ること、やってみることが、大事ですね。

ojisann5560.hatenadiary.com

 

気ままな旅(第二日目、新潟)

          ☝新幹線に乗ると必ずいる人

 

盛岡から単純移動

 盛岡駅から東京駅、東京駅から新潟駅という単純移動にしました。

 「はやぶさ」とかではなく、「やまびこ」などの新幹線各駅停車系で移動。

 その目的は、空いているから。自由席でもガラガラなことが多いです。

 そして、チェックイン開始時間にはホテルに入って寝ます。

 

ちょっと怖かったこと

 盛岡から自由席・2列シートの窓際にいました。今日は何となく疲れていて、PC作業はせず、車窓の風景を見ながらうたた寝です。

 宇都宮で、私の隣に座る人がいました。こっちは寝ていて、ぼーっとしていたので、混んできたのかな…と思って、そのままうつらうつらしていました。

 で、大宮あたりで目が覚めて、鞄からipadを取り出そうとして立ち上がって車内を見ると、空いているんです。私の隣に座る意味が…わかりません。

 そのまま鞄を取って、大宮で降りるような感じで通路に出ました。

 あれは、何だったのでしょうか…。

 

大きな声で駅員に詰め寄る人

 昨晩から局地的の様ですが荒れた天気の地域があったようですね。

 朝は、新幹線「盛岡~秋田」が不通、新潟に着くと一部在来線が運転見合わせになっていました。

 服装や持ち物からすると、私と同様に気ままな旅に出ていると思われる、私よりも年長の男性が、改札付近で何やら大声を上げていました。運転を再開しろとか、どうしろいうのだとか、何か大声を上げていて、都内の地下鉄だと騒ぎになるような声量でした。はぁ。

 

体調が戻ってきました

 昨日は、ちょっと調子がよくなかったのです。

 身体が重く、汗が出てのどがかわくのです。

 で、今日は食事を控え、車内で寝て、身体を労わりました。

 おかげで、だいぶ楽になりました。というわけで、今日はもう寝ます(笑)。

 明日も、気の向くままに。

気ままな旅(第一日目・盛岡)

 

盛岡にいます

 旅の初日は、まず東京駅に向かい、そこで気が向いた新幹線に乗ってみました。

 混んでいたのは、函館・秋田・長野方面。長野は善光寺御開帳の影響かもしれません。で、ちょうどよかったのが、盛岡行きのやまびこ。

 そういえば、盛岡には石川啄木が新婚生活を送った家があります。

 これを見に行こうと思いました。

 

地域によってホテルの価格がかなり違う

 ネット検索すると、東北六県在住者用の割引価格を設定しているホテルが多いです。 

 私は該当しないので通常料金となりますが、そうなると結構お高い。青森・八戸・秋田あたりでも結構します。列車旅×駅前限定となると、選択肢もそんなにない。

 その中で、盛岡だけはちょっと安かったです。で、一応会員になっている某ホテルチェーンの「学割」を使い、朝食付き5,000円以下をゲットしました。早々にチェックインし、爆睡しました。

 

車内で原稿が進む

 大学のレポート、お仕事の原稿、どちらもちょっと難しい感じでしたが、何となく切り口が見えてきて、少し書き進めることができました。もちろん、昨日車内で書いた原稿は下書きの下書きです。ただ、まず書かないと先には進めないので、今日もその続きをと思います。

 やはり、八ヶ岳~都心の景色~尾瀬・安達太良・栗駒岩手山という車窓の風景は、なかなか贅沢です。東北の田んぼも久しぶりに見ました。

 創造的な作業には、「自然の風景×移動」がよろしいです。

 

ホテルで身体を休める

 私は、ホテル泊でリセットできるタイプです。会員になっているチェーンは、その中でも「枕が合う×よく眠れる」ホテル。

 ホテルごとの個性の違いは意外と大きく、有名でも個人的には落ち着かないホテルもあります。一方で、普段は不眠気味の私が、自分でも信じられないほど深く眠れるホテルもあります。

 昨日は、よく眠れました。

 久しぶりに開運橋を渡り、ぶらぶら散歩しながら石川啄木新婚の家を訪問できたのもよかったです。

 ちなみに、この家で、幼馴染の節子と結婚式を挙げることになっていました。

 ところが、結婚式の日になっても啄木は現れない。

 啄木は、仙台の土井晩翠を訪ね、そこで遊んでいたんですね…。

 

 というわけで、私も啄木のように、少し現実逃避の時間をと思います。

 仙台には寄りませんが、とりあえず、まずやまびこに乗って東京方面に向かいます。

少し気ままな旅に出る

 

つかの間のOFFを利用して

 現在、特急あずさの車内です。

 松本駅からの乗客は少ないです。私のいる車両は3名。

 ただ、途中から乗ってくるのでしょう。最終的には乗車率50%くらいと思います。

 このまま東京駅まで乗って、そこから先は気分次第です(笑)

 

旅の目的は3つ

 ①大人の休日俱楽部で4日間・JR東日本をのんびり旅すること

  今年前半戦、お仕事を頑張ったご褒美です

 ②7月末日締切の大学のレポートの準備をすること

  教科書や参考資料の読み込みです

 ③8月中旬締切のお仕事の原稿を半分完成させること

  7月前半までお仕事が立て込むので、早々に着手

 

それにしても鞄が重い…

 旅の荷物は少ない方です。でも、重いです。

 鞄の中には、こんなものが入っています

 ①パソコン

 ②iPad

 ③モバイルWi-Fi

 ④スマホ

 ⑤充電器×接続コード

 ⑥本(原稿の参考資料)

 自宅での仕事環境が鞄一つに収まるのはとても便利なのですが、重いです。

 以前、NECの1キロを切る軽いPCを使っていたのですが、今は、iiyamaの14型。

 これは、老眼が進んで画面を大きくしたかったため。重量は1.3㎏。

 車移動が多かった昨今、これを4日間持ち運ぶのは、ちょっと気が重いです

 

とは言え、電車旅はなかなか快適

 運転は好きですが、やはり電車移動は楽。

 移動中に本を読める、原稿を書けるのは、電車旅ならでは。

 何より、新緑の風景をぼーっと見つめることができるのはいいですね。

 そして、お仕事のおかげで、こういうゆとりのある時間を持つことができるのが、とてもありがたいです。

 

 一昨日、今月のPVも1万を越しました。

 ご覧いただいている皆様に感謝申し上げます。

 2020年5月から書き始め、その年の10月に1万PVを達成し、以降1万PVを継続しています。全体では30万PVもこえました。

 重ねて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。