55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

今月は選挙ですね

 お仕事の関係で、議員さんとのお付き合いもありました。

 もちろん、仕事上で、念のため。

 となると「選挙」で誰に投票するか…については、いろいろ思うことがありました。

 

前提となる、そして結論でもある考え方

 公務員と議員との共通のお仕事。

 それは、社会課題の解決。

 そして、資源の再分配の決定。

 このセンスのある議員・政党に投票していました。ですから、いわゆる「支持政党」はありません(笑)。転勤が多かったことでわかりましたが、同じ政党でも、都道府県単位、個人単位でみれば、それなりに考え方も取り組み方も違います。

 ですから、与党に入れたことも野党に入れたこともあります。

 

社会課題を、自己責任にすり替える人には入れない

 教育・医療・福祉で例えた時、

 勉強できないヤツが悪い、病気になるヤツが悪い、生活保護を貰わないと生活できないヤツが悪い…という人には、入れませんでした。

 立場上、現場・議会などでご本人から発言を直接うかがうこともありましたので、価値観が見えてきて、さて、次の選挙はどうしようと思うことが多かったです。

 

「公共」の意識がない人に、国民と税金とを預けてはいけない

 近代以前の社会、封建的価値観の時代にも、格差やいじめ、ハラスメントはありました。しかし、封建的価値観では、格差は「あって当たり前」、身分・年齢が上の者が下の者をいじめるのも「当たり前」なんですね。

 逆説的に言えば、封建的社会には「格差もいじめもない」と言えます。価値観として「公認」されているわけですから。

 格差・いじめ・ハラスメントが「いけないこと」になったのは、近代になってから。

 つまり、「自由・公平・正義という価値観」が生まれたからですね。

 しかし、「いけないこと」が「なくならない」から「社会課題」なわけです。

 その「社会課題」を「個人の問題・自己責任」とするセンスの人は、政治家には向きません。私たちの命や生活を預けることはできません(個人の感想です)。

 「貧乏なヤツは努力が足りない」「いじられるヤツにも原因がある」「お金がないなら大学に行くな」という人に、日本の未来を預けることができますか(笑)

 

社会課題を自己責任とする発想は…悲しいけれど票になりやすい

 わかりやすいんですね。

 ・治安が悪い⇒警察が悪い 病気が治らない⇒医者が悪い 若者が悪い⇒先生が悪い

 ・格差や貧困で苦しんでいる人がいる・税金が高い⇒公務員が悪い

 という簡単な図式ですね。

 この図式を否定するつもりはありません。ただ、別の視点から見てほしいのです。

 それは「俯瞰的な視点」=「歴史と科学の教養から、社会課題を理解する」ってことですね。こういうセンスのある議員さんは、課題解決を真剣に考え、そのために税金を配分します。

 こういうセンスのない、何でも自己責任とする方は、残念ですが「利益誘導」に走ります。それは、税金の再配分ではありません。正義も公平もありません。

 で、何をするかと言うと、公共の仕事を「民間」に卸します。そのために、公務員や公共サービスを減らします。この発想は票になるみたいです。そのため裏で行われている「利益誘導」が見えにくいです。

 このブログでも何度か言っていますが、そもそも「公共サービス」ってのは、民間ではビジネスにならないから、儲からないから、利益がないから、でも人が文化的で健康的な生活をするために必要だから、みんなで少しずつ負担(税金ですね)して維持するものなんです。だから、民営化することは「低賃金労働」を増やすだけなんです。

 

 議員という職業を「ビジネス化」したという意味では、優秀な人なのでしょう。

 悪者を設定して票を集める。

 公共サービスを民営化することで、利益誘導する。

 そういう才能を、国民のために使ってほしいと、ため息をつく今日この頃です。

f:id:ojisann52:20211020061858j:plain

 

乗鞍高原デビュー

 ガソリンが、とうとう170円/ℓ…。

 昨日は1か月半ぶりに給油しました。一応、安い所で(165円/ℓ)

 

乗鞍高原までは、片道約50㎞

 市内から上高地方面に向かい、途中で左に曲がる。

 途中、紅葉はまだ。

 ただ、工事・片道相互通行は多くて、少し時間が掛かりました。

 道路工事は、雪が降る前に済ませないといけませんからね。

 

今回は、温泉はパス

 「湯けむり館」という日帰り温泉があるのですが、今回はパス。

 「湯けむり館」のあるT字路を左に入って、大カエデを目指します。

 乗鞍エコーラインの紅葉はもう終わったそうで…。

 標高800mを目指しました。

 

こんな感じ

f:id:ojisann52:20211019051920j:plain

 まだ、始まりですね。

 でも、周辺を散策して、深呼吸して、ぼーっとした時間を過ごして

 ああ、松本に移住してよかったとしみじみ思いました。

 

来週、もう一度

 駐車場には、首都圏ナンバーの車もいて、

 しかも、ちゃんとした山の服装、本格的なカメラ持参の方がほとんど。

 i-padで撮影しているの私だけでした。カメラ、欲しいですね。

 というわけで、来週、もう一度行ってみようかと思います。 

地方移住に何を求めるか(トラブル予防)

 地方移住には、難しい面もあります。

 その一つに、人との関係性があります。

 

松本に移住しましたが、未だ知り合いおらず

 市街地のマンション暮らしなので、特にご近所付き合いもなく、ゴミはマンションの指定の場所に棄てるだけ。自治会もない。自動的にマンションの管理組合員にはなっていますが、費用は、マンション管理費に含まれているはず。

 もちろん、住民の方とすれ違う時は、愛想よく会釈・ご挨拶します。

 ただ、元々知り合いがいない、住んだこともない土地です。

 そういうわけで、人間関係のトラブルがない。そもそも人間関係がない(笑)

 

地方移住や早期退職に何を求めるか

 私の場合は「静かな暮らし」「穏やかな日常」「ポツンと一軒家的気楽さ」です。

 田舎暮らし、地方移住の究極って「ポツンと一軒家」だったりするんですね。

 「東京批判」の一つに、「あれだけ人が多い街なのに、ご近所と声がけすることもなく…」ってありますけど、だからこそ、ポツンとした暮らしを求める人も少なくありません。

 知り合いのいない街に移住するってのは、そういうこと。

 誰に気を遣うわけでも、遣われることもなく、貸し借りもない、そういう孤独で気楽な「ポツンと一軒家的生活」を松本で楽しんでいます。

 

地方移住の逆説

 移住で大事なのは「インフラが整った暮らし」という逆説。

 良い意味で「お金で解決できる」「人に頼らないで生活出来る」「ネットが快適につながる」こと。マジな田舎では、水やガスが地元の人に話を通さないと出ないこともあります(嫌がらせではありません。それくらい不便×自治×自給自足ということ)。

 これは、自然の中で、自然の脅威と対抗しながら暮らしていく中で「蓄積された知恵×協働意識」を理解する・実践する・参加することを求められているわけで、その中には合理的には理不尽なことも、閉鎖的な悪しき習慣もあって、そういう中で「コミュニケーション能力」を発揮する、もしくは「貢献できるもの」を持っていないと、やはり難しい…、そして移住初期でつまづいてしまう。それは、誰も悪くないんですけど、誰も幸せにはならないんですね。

 

東京で稼いで、稼いだお金は松本でつかう

 そういうことを、転勤生活で見てきて、お仕事として移住支援も担当して、自分自身も転勤先では移住者で、沖縄では「字費」を払う暮らしもして、それがおかしいとか、嫌とかではなく、「私には無理」ってことがわかって、移住では「インフラ」を重視しました。それが現在の暮らしのベース。

 松本への貢献と言えば、東京でお金を稼いで松本でつかうこと。

 リモートワーク時代のありがたさですね。

 でも、東京から稼げる=原稿が書けるのは、松本の自然・街並み・利便性・水の美味しさのおかげ。というわけで、良い意味で「人とは関わらない暮らし」が、私の移住生活方針(笑)。

 でも、松本への感謝は、言葉と表情とに出して暮らす今日この頃です。

f:id:ojisann52:20211018072314j:plain

地方移住してよかったこと(松本移住を振り返ると)

 東京出身者の、地方で満足に暮らす発想です。

 ちなみに、練馬で生まれて、世田谷で育ちました。

 

地方移住・地方暮らしにも「段階」がある

 東京生まれと言っても、いろいろありまして(笑)…

 高校の同級生には、「田園調布・成城学園」のお嬢様もいれば、「八王子・町田」などの「東京郊外組」もいます。私自身「実家は世田谷…」と言うと「ひかれる」ことも多いのですが、実態は「実家の水道は井戸水」でして…「武蔵野」の面影残る田園風景が広がるエリアなんです。

 同じことは「地方」にもあって、ここの区別が大切。

「都会⇒政令指定都市⇒地方都市⇒郊外エリア⇒田舎⇒ポツンと一軒家」

 で、田舎暮らししたい! という方は、上の段階で言うと「田舎」を望むのです。

 古民家カフェとかTV映えするのも、このレベル。

 

よくある地方移住の失敗例

 都会の人には「ハード目の田舎」に移住すること。

 プロパン・共同水道は高いです。自家用車必須で、駐車場は安いがガソリンは高い。なによりも「冬の経費」がかかる。スタッドレスタイヤ、灯油・薪の準備も必要。凍結予防もお忘れなく。…というわけで、都心で暮らすより「手間暇×生活経費」がかかることも。これが「収入のない退職後」だと、それはそれは厳しいものになります。

 とは言え「田舎暮らし」には、そこにしかない魅力もあります。私も迷いに迷いましたが、最終的に「地方都市」で決めました。

 「マンション×都市ガス」という都会同様の暮らし。「徒歩圏で生活」できるのでスタッドレスへの履き替えはしない予定。暖房は「エアコン」で、冬の経費を抑制する。

 全然「田舎暮らし」ではないですね(笑)

 

松本暮らしが気に入っています

 松本は「地方都市」です。県庁所在地ではないけど、県内では大規模都市ですね。

 メリットを挙げると…

 ①インフラが整っている

  都市ガス・中部電力、湧き水(笑)

 ②自家用車なしでも暮らせる

  一応持ってますが、最近は1週間に1回程度、買い出しで乗るだけ。

  最後の給油は8月30日ですね。

 ③徒歩圏に何でもある

  10分圏内に西友イオンモール、図書館、公園。 

  イオンモールがあるってことは、書店・100均からスタバまで揃います。

 

都内よりも利便性が高く、心が落ち着くこと

 学生時代、CDや書籍などの購入は渋谷(今みたいな渋谷ではない時代)。

 音楽・演劇は、新宿・下北沢・渋谷でした。

 一応世田谷でしたから、電車で30分圏内。これが「東京が便利・都会」と言われる所以。しかし…松本では、これが徒歩で15分圏内なんですね(笑)

 年に1回ですが、サイトウキネン・オーケストラは徒歩圏(中止が残念)、本屋さんも徒歩圏、近所で演劇も…というわけで、若き日の趣味を取り戻しつつあります。

 世田谷的例えをするならば、京王線の「桜上水」、小田急線の「経堂」に「渋谷規模の文化」があるということ。「サンダル×散歩感覚」で文化を楽しめるのが、とてもうれしいです。

 

松本暮らしの良い所

 周囲に高い建物がない、そもそも松本は駅前以外に高層階の建物がない。というわけで部屋から「王ヶ鼻」「北アルプス」が見える、日当たりもよい。

 松本城や古い町並みがあって散歩が楽しい。水がきれい。

 その一方で、来春電波は5Gになる。

 利便性(都会)と心の平安(田舎)とが、同居しているんです。

 

 というわけで、松本への愛着がわいてきた今日この頃です。

f:id:ojisann52:20211017080857j:plain

早期退職したらやりたいこと?!

 早期退職して1年半。

 ひょんなことからご縁をいただき「お仕事×収入」も始まって10カ月。

 少し売り上げも立ってきました。

 

「退職前に想定していた早期退職生活」とは本格的に違ってくる

 早期退職と同時に「新型コロナウイルスの感染拡大」があったこともありますが、とにかく、スーパーインドア生活です。

 退職前楽しみにしていた「旅行×食べ歩き」が、「読書×自炊」になって、でも、それはそれで楽しい毎日なんですね。 

 

「欲」がなくなってくる

 早期退職後も、心身の状況はいろいろあります。

 でも、「明日の仕事」のために無理する必要はないんですね。

 食欲がなければ食べなくてもよい。眠れなければ起きていればよい。

 つまり、心身に逆らわずに生活できるんです。これがとても「楽」。

 そして、心身に逆らわない生活を続けていると、「欲」がなくなってくるのです。

 旅行とか、外食とか、○○が欲しいとか…そういうことよりも、自分のペースで穏やかに過ごす時間の方が楽なんです。

 

今考えているのは…

 「教育系の書くお仕事」は、来月分もいただきました。

 学習支援も続いています。

 これを少しまとめてみようかな…ってことですね。いわゆる「エントリーシート」「志望理由書」とか、「プロジェクト型×探求型」と言われる課題発見・課題解決のこととかです。「公務員×民間」で業務として勉強・実践していたことが、教育系の現場で役に立ちそうなんですね。というか、ニーズがあるみたいで…。

 でもこれは、「早期退職したらやりたかったこと」ではない(笑)

 

欲がなくなると、早期退職生活は楽になる

 欲って、棄てようと思ってもなかなか捨てられないものです。

 しかし、自分の意志とは関係なく「なくなってしまう」こともあるんですね。

 というわけで、今日も家で書き物をします。

 落ち着いたら、お遍路にも出ましょうか(笑)

f:id:ojisann52:20211016082640j:plain

ラジオ生活(#ダレハナ)

 テレビのチャンネルが、地方だと少ないことが多いです。

 でも、ラジオのチャンネルも少ないんですよ、地方に行くと…。

 

長野県のラジオ局

 NHKなどの全国ネットを除けば、SBCラジオとFM長野だけですね。

 あとは、ローカルFMです。「あずみのエフエム」とかですね。

 というわけで、首都圏で暮らしていると当たり前の、そしてネットニュースになったりもする「ラジオ番組」の多くは、地方では聞けないんです。

 ちなみに仙台時代のこと。ローカルFM局が、「J-waveの朝の番組」を流していたことがありました。広瀬川を渡る通勤の車内で、首都高速の渋滞情報を聞くと言うなかなかシュールな体験をしました。

 

TVer」のラジオ版がある

 テレビだけでなく、ラジオもネットで聴けます。

 お仕事中は、ラジオを流していることが多くなりました。

 リアルタイムではありません。深夜の番組を昼間に聴いています。

 対談系が多いですね。なかなか面白いです。

 

TokyoFM「誰かに話したかったこと」

 朝は、これを聴くことが多いです。昼の番組なんですけどね。

 声のトーン、進行が心地よいのと、ゲストとのトークが面白いんです。

 しかも、原稿が捗ると言う謎の効用があります(笑)

 この番組の進行「山崎怜奈」さんって、乃木坂46の人なんですね。お世話になった上司の娘さんが乃木坂46のメンバーでした。ちなみに今でも。

 沖縄時代、「フィルムコミッション的なセクション」に、同じ東京転勤組がいて親しくさせてもらっていました。私が「沖縄北部」にはまっていた時、よく「ロケハンのロケハン」と称して、名護・国頭村今帰仁村に繰り出していました。そこが、MVや番組で使われいるのを見て、時々懐かしい気持ちになります。とりあえず、みんな顔小さいです。はい。本当に(笑)

 

アイドルだけど…

 山崎さんは乃木坂のメンバーですけど、独自路線を自ら切り拓いている人のようです。いわゆる「じゃない方」ですね(すいません)。

 とはいえ、そこには葛藤も苦悩もあったようで、ここに至るまでのいろいろが、ラジオの語りの中でボロッと出ることも。たぶん「乃木坂のスタッフ」より、「乃木坂のスタッフではない人」から評価を受けてここまできたタイプと勝手に想像しています。

 「知人の知人の評価」が高い人。つまり、コミュニティに愛されるタイプ、コミュニティで求められる人です。表裏はないんですけど、それが故に、身内にはあんまり評価されないんですね…。

 そんな人柄に、ちょっと魅力を感じる今日この頃です。

f:id:ojisann52:20211015073543j:plain

   (今帰仁村のロケ地。齋藤飛鳥さんがセンターの曲でした)

高校生の志望理由書を読んで伝えていること(学習支援)

 備忘録として。

 

対話の初期で伝えること

 昔の志望理由は「好きだから」「興味があるから」、自己PRは「部活動で頑張りました」。今でも上記の内容で書いてくる受験生はいるんですね(笑)

 もちろん、それで合格できる大学・企業もあるとは思いますが、ちょっと厳しいかなと思います。

 見た目の「出題パターン」は変わっていなくても、採点基準が変わっています。

 そこに気付いてもらいます。

 

大学・企業が目指していることは?

 「社会貢献」です。

 科学の進歩と資本主義の行き詰まりによって、社会に歪みが生じ、多くの人が苦しんでいるのが現代社会です。その解決に取り組むのが、大学・企業の存在理由。

 これが「社会貢献」なんですね。

 どんな分野・手段・立場で社会貢献するかは、それぞれ。

 で、あなたは?? という問いかけをします。ここからスタート。

 

課題解決の発想は?

 志望理由書を読ませていただくと、課題発見は出来ているのです。

 問題は3パターン

 ①課題の原因に言及がない

 ・社会課題が、なぜ生じたのかについての考察がないんです。

 ・課題の内容をネガティブに追及するのみ。正義感爆発型です。

 ②課題の原因を1つに特定しようとする

 ・課題の原因を1つに特定できれば、解決の発想は楽です(笑)。

 ・そして、課題を反転させれば解決というパターン。

 ③課題の原因を羅列して終わる

 ・「①」の派生型です。

 ・課題とその原因について、攻撃的に述べるパターンです。 

 

最初のワーク

 社会課題は、複数の要因が複雑に絡み合って生じます。ですから…

 ①課題の要因と考えられるものを、できるだけたくさん出す。

 ②「①」で出した要因を結びつけていく

 ③課題を生み出す「悪循環」を解き明かす

 と進めていきます。これは、複数でやると楽しいです。

 そして「悪循環を断ち切り、好循環を導くポイント」を各自考えてもらいます。

 この「悪循環を断ち切るもの」が「解決の発想」なんですね。

 これで「課題」「課題の原因・根拠」「解決の発想・根拠」が揃います。

 

非常に基本的なワークです

 現役時代は

 ①チームビルディング(信頼など)

 ②プロジェクトを通じて「実現したいこと」の共有

 ③プロジェクトの課題の「洗い出し」

 ④プロジェクトの課題の「解決の手がかり」の考察

 みたいな感じで進めることが多かったです。

 これを、勤務時間内に1週間くらいかけてやりました。仕事終わりに居酒屋の個室で「結団式」「親睦会」の時代は終わりましたからね(笑)。

 これを、今、高校生と一緒にやっています。そんな今日この頃。

f:id:ojisann52:20211014094631j:plain