55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

早期退職の日々

早期退職からの不動産購入を振り返る その3

当初は、松本市に住むことは想定していませんでした。 仕事と、プライベートでは私が好きな「北杜夫」が「どくとるマンボウ青春期」で描いた街(旧制松本高校卒)として訪ねたくらいです。すいません。 ◆目次 本当は「軽井沢周辺」「越後湯沢」を狙っていた …

早期退職からの不動産購入を振り返る その2

40代までは「転勤族なので一生賃貸」と思っていました。 東北勤務でかの地が気に入り、仙台市に中古マンションを購入したのが1回目。 これは、沖縄転勤で売却(笑) そして、退職して今回の購入になります。 ◆目次 購入予算を考える 内見した物件の価格 最…

早期退職からの不動産購入を振り返る その1

「賃貸」VS「持ち家」という論点があります。 早期退職後の暮らしでは、「持ち家」の方がメリットが多いと考えました。 何より「早期退職=無職」では、賃貸の審査に通らないんです…。 関係の記事はこれ ojisann5560.hatenadiary.com ◆目次 購入ですから「ど…

早期退職後の再就職(おかわり)

昨年末からお仕事をいただくようになりました。 要は「原稿執筆」です。 専門的な内容になりますので、執筆期間を「2週間」ほどいただいています。 ◆目次 ジョブ型雇用の原稿執筆で食えるようになるには 世間的には「無職」のまま マルチワーク的に稼ぎをふ…

早期退職後の再就職?!

正社員のお話をいただいています。 とてもありがたいのですが、こちらはお断りする予定。 今年7月から、もしくは来年度4月からでもという好条件ではありますが…。 ここで、早期退職後のお仕事の現実を考えてみましょう。 ◆目次 メンバーシップ採用とジョブ…

早期退職してよかったと思うこと(1年経過)

年度の始まりの季節です。 ちょっと驚いたのは、公務員業界の「有名人」が続々と退職していること。 もちろん早期退職。 早期退職して「転職」する人もいますし、「のんびりしますわぁ」という人もいます。ちょっと不安なのは「この人が辞めたら、日本の将来…

早期退職1年の振り返り(その3)

人生にも「旬」があるようです。 私の場合は40代前半。40代後半に身体を壊して入院した時、旬は過ぎました。 早期退職のタイミングをうかがうようになったのは、それ以降です。 ◆目次 早期退職後の暮らし ひっそりと暮らすのが大切かも ひっそりと暮らしてい…

教育現場の現実

昨年の後半から、高校の学習支援に参加しました。 知り合いの先生のお手伝いです。 私が担当したのは、大学受験の「志望理由書」「小論文」のアドバイス。 「書く」前に「思考を深めるワーク」をすることですね。 システム思考やU理論を伝えながら、ロジック…

良い高校、良い大学、良い就職

という価値観があります。 間違ってはいないです。現在の世の中の仕組みは、この価値観で成立している部分も多いです。 ただし、「良い」の定義を明確にしておく方がよいでしょう。 良いが、偏差値なのか、自己との適性なのか、未来の選択肢を広げることなの…

異なる価値観の「通訳」となること

「民間~公務員~民間」という経歴から「通訳」をすることが多かったです。 「通訳」と言っても、外国語ではありません。 「異文化通訳」です(笑)。 民間企業も公務員も、「貢献」という大きなビジョンは共通しています。 ただ、「利益を追求する組織」と…

正社員のお誘いをどうするか

正直なことを言いますと、少し心が揺らぎました。 まず、経済的な不安がなくなりますよね。 ここから正社員で働いた場合、当然、収支はプラスです。 極論すると、ここからの給与は全額使い切っても大丈夫なわけで、それでも「将来の年金支給額は増える」んで…

早期退職してよかったこと

テーマ「早期退職の日々」 気が付けば、早期退職してまもなく1年です。 社会人生活はバブルと共に始まり、早期退職生活はコロナと共にスタート。 この間30年少しですが…価値観を何度再構築すればいいのでしょうかね(笑) 目次 異なる価値観の間に挟まれる…

幸福は穏やかに暮らしていれば向こうからやってくる(その2)

テーマ「2月のはじまりに」 昨年11月にこんな記事を書いています。 今日は、その続編的なものです。 ojisann5560.hatenadiary.com ◆目次 月間1万PVの感謝 ブログをお休みしている間に 向こうからやってきた幸運 個人として受ける仕事の厳しさ 書く仕事とブ…

早期退職後の心境(覚え書き)

テーマ「早期退職後のメンタル」 無職になっても、職業的な意識はなかなか抜けないようです。 職業は、自分の意識・思考・発想を規定します。 しかし、本人がそのことに気付くことは難しいです。 そして、無意識に「ポジショントーク」をしてしまうのですね…

早期退職のロールモデル

テーマ「早期退職の日々に」 今は落ち着いたメンタルで日々を送っています。 しかし、早期退職直後はボロボロ。 ここからどうやって立ち直ったのか、少しわかってきました。 所属から離れ「自由な個人」になったのです。 ◆目次 人の価値観は「所属する組織」…

専門職はつらいよ

テーマ「新型コロナの日々に」 現役時代、教育・福祉・医療の担当が長かったです。 現場では「それぞれの分野の専門家」が業務を遂行しています。 私の役割は「現場の専門家」と「行政」との通訳(笑)。 板挟みにあうことが多かった分、経験と学びは深まり…

40代での大きな病気の代償について

テーマ「新型コロナウィルスの日々に」 新型コロナが猛威を振るっています。 個人差はあるようですが、新型コロナには後遺症もあるようです。 大きな病気の後遺症は、仕事や人生に影響を与えます。 私は40代で2か月入院しましたが、これが早期退職の伏線に…

ライフワークとライスワーク

テーマ「早期退職生活と稼ぎ」 「ライスワーク」という言葉があります。 「生活の維持・安定のための稼ぎ」と表現できると思います。 早期退職生活を長く続けるために必要なのは「ライスワーク」。 早く仕事を辞めたいなら、稼げる仕事を身に付けるという逆…

今年の抱負!?

テーマ「普通の人ができることが…」 多様性を認め、個性を尊重することは大切。 しかし、その対象が「他者」だけになっていることがあります。 自分で自分の「多様性」「個性」「思考のクセ」を認め、尊重することを忘れがち。 強いて言うなら、これが今年の…

無職の新年を迎えて

テーマ「早期退職の日々」 あけましておめでとうございます。 本ブログへの訪問、感謝いたします。 みなさまの2021年が、健康と幸福に満ちた年になることを祈念いたします。 ◆目次 無為な時間がもたらす幸福 穏やかに暮らすことが幸福を招く(新年の心得) …

今年を振り返る2020

テーマ「早期退職の日々」 結論から言えば「地獄から天国」。 今は「天国」。人から「幸せそう」と言われるほど(笑)。 ◆目次 天国・幸福を実感するのは 最近の自分の変化 新年を迎えるにあたり まとめ(自分自身の定点観測) 天国・幸福を実感するのは ◆心…

某雑誌社の取材を受ける

テーマ「早期退職の日々」 このブログ、Twitterと連携させています。 そのTwitterに「早期退職についての特集記事を計画しているので取材させて欲しい」というDMが。 面白そうなので受けてみました。取材はZOOMで40分ほど。 ◆目次 テーマは大きく3つ 取材を…

私は幸福になってはいけない

テーマ「早期退職の日々」 昨日の記事で昔の個人的なバッシング経験を書きました。 書くことで、パンドラの箱が少し開きました。 気付いたのは「私は幸福になってはいけない」という無意識の思い込み。 罪悪感、心身の不調、自分に対する無駄な厳しさの根源…

人はなぜ他者を攻撃するのか

テーマ「バッシングを経験して」 民間~公務員~民間が私の職歴。 勤め人生活の最後は民間企業に戻って「非正規雇用社員」となりました。 そのココロは家族の看護・介護のため。原則週4~5日の定時勤務。 この2年間が最後の職歴になりました。 ◆目次 公務…

早期退職「初期」のマインドセット

テーマ「早期退職の日々」 4月の早期退職以降、無為徒食の日々です(笑) 負の感情にとらわれることも多いですが、いつまでも…と思います。 とは言え、価値観は簡単に変わるものではありません。 そんな中気付いたことを整理しておこうと思います。 ◆目次 …

退職9カ月目の振り返り

テーマ「12月の振り返り」 少し早いのですが、12月の振り返り。 言葉になった段階で書いておきたいと思います。 結論は「アップデート」ではなく「OSの入れ替え」ということです。 ◆目次 早期退職前の想定と、退職後の心境の変化 早期退職のマインドセット …

買って良かった2020

テーマ「2020年を振り返る」 今年買ったものは、両手で数えられる程度。 しかし、考えてみれば「中古マンション」買ってますね。 人生2度目の中古マンション購入です。(記事は) ojisann5560.hatenadiary.com ◆目次 最初の不動産購入は40代になってから 2…

55歳で早期退職してよかったこと

テーマ「2020年を振り返る」 気が付けば、今年もあと10日。 早期退職は今年の3月末ですから、昨年の今頃はまだお仕事をしていました。 ただ、お仕事のことは徐々に「遠い記憶」に(笑) 早期退職生活へのシフトチェンジが進んでいるようです。 ◆目次 もし3…

ブラック労働がなくなって欲しいと願っています

テーマ「元公務員のボヤキ」 社会人のスタートは平成の始まりから。 新人時代に御世話になった50歳以上の上司の多くは、身体にメスが入っていました。 過労とストレスで内臓をやられているのです。胃の全摘も数名いました。 新人は「メスが入って一人前」と…

早期退職の日々を楽しく暮らすには

テーマ「早期退職の暮らし」 今年3月末日、55歳で早期退職しました。 しかし、新型コロナによる自粛生活もあってか、6~7月頃、心身は共にどん底。 それが今では幸福を実感することも。 これは「在宅×引きこもりの暮らし」のコツをつかめたからと感じていま…