55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

早期退職の日々

自分にあった部屋・書斎を構築する

退職すると、在宅時間が増えます。 新型コロナの自粛生活も相まって、24時間部屋にいることも。 そんな中、原稿仕事をするには、やはり環境作りが大事です。 ◆作家「遠藤周作」の書斎 狭く、暗い部屋で小説を書いていたそうです。 部屋には窓もなく、机を壁…

早期退職後の再就職は下積み修行からの再出発

これは、なかなか難しい問題です。 「再就職、もしくは転職」のめどがあって早期退職するならよいのです。 しかし、自称「アーリーリタイア」、つまり「早期退職=無職」からの収入の道は、なかなかに険しいです。はい、私のことです。 ◆私の場合 知人(高校…

携帯電話の契約を変更する(早期退職生活の生活費)

未だにスマホ・iPhoneを使用していません。 二つ折りの携帯電話です。 i-padとpocketwifiがあるので、それで十分です。 ◆契約プランは、時々確認した方がいいかも… 携帯電話でメールやネットを利用していた時代は、1万円を超えた月もありました。 そこで、…

ミニマリスト動画を見て気付いたのは

ミニマリスト動画にちょっとはまっています。 良くあるのは「買ってよかったモノ」を紹介する動画。 しかし、ミニマリスト動画の場合は「捨ててよかったモノ」を紹介する(笑) このアイロニーが何とも面白いです。 ◆断捨離も、ミニマリストを目指すことも「…

松本暮らし×最初のガス料金(退職生活の生活費)

ガス料金(都市ガス)の請求が来ました。 実質3週間分になりますが、その金額は… ◆975円でした 詳細は ・基本料金 636円(都市ガス) ・使用料 339円(169.3円×2㎥) ・合計 975円 使用期間は5/19日からとなっていますが、住み始めたのは5/24日。 実質3週…

囚人のジレンマとコロナ禍と

今日で6月も折り返し。 松本での暮らしも3週間目。 早期退職し、世の中から離れた生活も1年以上になりました。 ◆囚人のジレンマを思い出す 【前提】 ・同一の事件で逮捕された2人の囚人が、互いに意思疎通できない牢獄にいる。 ・そこで2人に対し、釈放条…

半沢直樹はバブル世代

「オレたちバブル入行組」というタイトルを本屋で見かけて、その場で購入し、はまって、そのシリーズと著者の作品を全部読んでしまったことがあります。 この小説が、TVドラマ化されて大ヒットします。「半沢直樹」です。 ◆作者の池井戸潤は、私の1つ上 池…

早期退職生活で気付く「削れない出費」とは

会社員時代に気付かなかったこと、早期退職して「個人」になって気付くことは多いです。それは、日本のやばさ(笑)。今後も、政権与党に投票したくなくなります。 ◆早期退職生活で気付く「削れない出費」とは 努力しても節約できない「固定費」があるんです…

断捨離とか、ミニマムな暮らしとか、

ミニマリストの動画が、YouTubeのおススメに上がって来たので見てみました。 …すごい。ここまで徹底するんですね。 ◆ミニマリストのお部屋紹介動画を見て 本当に何もないんですね。ベッドもない。 マットやラグを使わないとか、テーブルは軽くて移動が簡単と…

人は人、自分は自分(早期退職のマインドセット)

早期退職するくらいですから、変わり者なのでしょう(笑)。 人より短い約30年の社会人生活で3回転職し、東京出身なのに東北から沖縄まで転勤。異動は「勤務地が変わる」のが主で、「部署・役職」は変わらない。 まぁ、上も「コイツは管理職向きではない」…

早期退職後の生活ルーティン

新しい生活のルーティンが決まってきました。 特に意識して作ったわけではなく、自然とそうなっています。 ◆新しいルーティン ①起床は4:00 ~ 5:00頃 目覚めたら、湧き水で水を汲み、コーヒーを淹れて勉強開始です。 ②朝は勉強 3時間勉強しても、まだ朝8…

早期退職14カ月目の振り返り その3「心と身体がおいつかない」

不動産購入・引っ越し・松本移住を終えました。 落ち着いて振り返ると、焦っていた自分に気付きます。 ◆やはり退職ハイにとらわれていた? 振り返って思うのは、退職前の想定の狂い。 例えば… ・旅行→新型コロナの自粛生活 ・不動産購入→オリンピック後の状…

早期退職14カ月目の振り返り その1

松本に移住して3日目の朝です。 昨日、転居届を出し、晴れて松本市民となりました。 部屋も片付き、PCモニターを2台設置し、新しい暮らしが始まりました。 ◆早期退職すれば「東京」で暮らす必要はなくなる 早期退職時は「賃貸×東京在住」でした。 東京在住…

早期退職生活×自粛生活は「学び」に支えられています

東北時代、東日本大震災を経験しました。 公務員でしたから、自分の暮らしより被災者の支援が優先。 現地での避難所運営や街の復興などに関わらせていただきました。 ◆被災地では、無力感に襲われる日々 被災地では、重いものを運べる体力、理容師・美容師、…

早期退職と自家用車

早期退職直前は都内在住。自家用車は手放していました。 駅前には商店街があり、駅も徒歩圏内。 職場には自転車通勤という、夢のような暮らしでした(笑)。 ◆早期退職して東京を離れました 仕事を離れれば、東京に住む理由はありません。 久しぶりに車を持…

ネットの活用で自宅で可能な手続きを広げていく

昨年4月に早期退職して、最初に購入したのはICカードリーダー。 マイナンバーカードは持っていたので、自宅でできる手続きが増えました。 ◆自宅×ネットの活用を進める 「インターネット・バンキング×クレジットカード×マイナンバーカード」でどこまでできる…

リフォーム工事完了の連絡がありました

今朝の記事で、リフォーム工事の終わりがいつになるやら…と書きました。 すると先ほど、工事完了の電話連絡が(笑)。 現地で完了の確認と、請求書の発行になります。 ◆確認は来週 今週末締切の原稿があるので、確認は来週。 ただ、新居はもう暮らせる状況に…

不動産購入の道(ふりかえり編)

人生2度目の不動産購入。 一生賃貸だろうと考えていましたし、最初の不動産購入時には、これが終の棲家と思っていました。 まさか、人生で二度もマンション(中古ですよ)を購入することになるとは思いませんでした。 ◆中古物件につきものの問題 今時のマン…

公共のルールを守ることで、個人はルールに守られる

近代になって「個人の自由」という概念が認められました。 封建社会は、封建制度そのものが「社会のルール」でした。 ということは、身分制というルールは「いじめ」を公認してしまうんですね。 ですから、封建社会・身分制社会では「いじめ」はないんです。…

通信手段の断捨離を進めたらTVが不要になりました

東京出身です。 父の転勤で、小中学校は転々としましたが、高校で東京に戻りました。 そのまま、実家から、高校・大学・最初の就職先まで通いました。 ◆就職して「自分の部屋に電話を引いた」 平成の初めは、これが「夢」だったんです。 親子電話とかではな…

断捨離生活を始めてからの変化

モノのない暮らしは、なかなか快適です。 まず散らかることがない、そもそも散らかるものがない。 風通しが良く、エアコン・除湿器・加湿器の効果も高い。 部屋の温度・湿度のコントロールが楽で、水道光熱費も下がりました。 ◆モノが多かった頃 私の場合は…

月間1万アクセスを達成しました

みなさまに感謝申し上げます。 先ほど確認したところ、5月16日段階で1万アクセスとなっていました。 1万アクセスを達成するのは7回目です。 ただ、こんなに早く達成したのは初めてです。 本当にありがとうございます。 ◆アクセス数が伸び始めたのは 「…

早期退職と不確実な日々

世の中に「絶対」はありません(笑) しかし、社会に不安と混乱があり、仕事と日常とに疲労を感じていると、人は無意識に楽園を求めます。救いと言ってもいいかもしれません。 これが、早期退職の神話の根源かもしれません。 ◆早期退職の神話 辞めたら幸福度…

コミュニケーションのズレ

会話がかみ合わない、伝わらない、通じないことはよくあること。 いわゆる「コミュニケーション不全」という状況です。 なぜ通じないのか、なぜズレるのか、そしてわかりあえないのか… そんなことを昔、考えたことがあります。 ◆よくある風景 二人、もしくは…

1日1食生活、その後

現役時代は1日3食。 早期退職して1日2食。 少し前から1日1食になりました。 ◆1日1食になると 少しずつ体重が減っていましたが、現在は停滞中。 それでも、身体が軽いというのは、気持ちも軽くしてくれます。 「運動・散歩」なしで、最低限の健康を維…

自動車税を納付する

昨日の夕方、玄関から音がしたので郵便受けをのぞくと入っていました。 自動車税の納付書です。 昨日のうちに「インターネット×クレジットカード支払い」で終了しました。 ◆自動車税納付 34,500円です。 東北時代に「フィットⅡ」を新車で購入した時、排ガス…

早期退職の「デメリット」を振り返る

早期退職して、1年1か月経過しました。 早いと言えば早いです。ただ、早期退職前の想定の多くはハズれ、今後の生活設計の変更・建て直しが必要でした。 ◆年間200万円で生活できるか… 条件は「賃貸」「自家用車所有」「無職」「食生活は糖質制限で」。 結論…

教師のバトン(学習支援の延長戦)

Twitterで「#教師のバトン」ってのが始まったそうです。 何と「文部科学省」の事業。 きっかけは「教員志望の若者の減少」 目的は「教員という仕事の魅力を現場の先生に発信してもらいたい」だそうです。 たぶん、個々の先生方が持つ実践、職人芸、知恵など…

ブログ開設1周年!

昨年5月から書き始めたこのブログ。 今日で1周年です。 で、この記事が300本目になります。 366日で300本も書いたのですね。 ◆ここまでのアクセス数 1年で約85,000PVありました。 昨年10月に初めて月間1万PVを達成し、4月は13,000PVを超えました。 感謝…

「1日1食生活」のその後と意外な効果

ダイエットという目標を掲げて頑張っているわけではないのです。 「早期退職×コロナで自粛生活」で自宅にずっといて3食は食べません。 自然と1日2食生活になり、 2食を8時間以内に済ませるようになり(16時間断食) とうとう、1日1食にたどり着きまし…