55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

早期退職の日々

1万アクセスありがとうございます。

今月も、1万アクセスを達成しました。 感謝申し上げます。 ◆初めて1万アクセスに達したのは 開始5カ月でした。 昨年5月から書き始め、10月に初めて1万PVを達成しました。 その後、1万PVは途切れず続いています。 時々、2万PVに達する月もあります。 …

松本暮らしに少し慣れてくる

気が付けば、松本で暮らし始めて半年経過します。 少しずつ慣れてきました。 ◆カーナビなしでも目的地に行けるようになる 車で買い出しに行く時、カーナビなしでいろいろ行けるようになりました。 ちなみに、カーナビが指示するルートは、松本市内渋滞突破ル…

コンプライアンス的に問題ないの??

ちょっとため息をつきつつ、スランプ時期もありつつですが、 今回のお仕事である「レポート読み」と「原稿書き」が進んでいます。 ◆企業のレポートを読んでいると… お仕事上の課題に言及するレポートもあります。 そこには、驚く内容、危険な内容と読み取れ…

組織の空気感

お仕事が続いています。 で、下の記事の続きになります。 ojisann5560.hatenadiary.com ◆とある企業の社員さんのレポートを読んでいます 与えられたテーマを「A」とします。 「Aについては、私は○○と考える。なぜ○○と考えるかは~」と続くことを期待します。…

大人の研修レポート・大学入試の小論文に大切なこと

公務員時代、社内研修のレポートをたくさん読みました。 もちろんお仕事。 その経験は、今のお仕事につながっています。 ◆公務員試験の監督(論文)をして気になっていたこと それは、開始と同時にすぐに書き始める受験生がほとんどなこと。 テーマを見た瞬…

早期退職×人生が引き算になる時

ゾロ目の日に、早期退職の日々を少し振り返ります。 仕事からの逃避も兼ねますが(笑) ◆引き算の人生への転換 「人生も引き算に」という意味の言葉を見て、いろいろ腑に落ちました。 そのコラムは「60歳過ぎたら、人生も引き算に」というもの。 松本移住し…

早期退職×大きめのお仕事

早期退職した時は、お仕事をする気はなかったのですが… ◆早期退職後の状況 ①直後 お仕事をする気はない 昔の同僚のお仕事などを少しお手伝いできれば(ボランティア) ②夏頃 早期退職生活には、意外と出費が多いことに気付く 特に、税金・年金・保健関係で数…

学校の先生は世間を知らないのか??

教育系部署に所属していた時、タイトルのような電話をいただいたことも多いです。 枕詞って感じでしたね。 ◆公務員から民間に戻った時、感じたこと 要するに「公務員が嫌いな人」「学校の先生が嫌いな人」ってのは一定数存在するわけです。それは、特別なこ…

地方移住してよかったこと(松本移住を振り返ると)

東京出身者の、地方で満足に暮らす発想です。 ちなみに、練馬で生まれて、世田谷で育ちました。 ◆地方移住・地方暮らしにも「段階」がある 東京生まれと言っても、いろいろありまして(笑)… 高校の同級生には、「田園調布・成城学園」のお嬢様もいれば、「…

早期退職したらやりたいこと?!

早期退職して1年半。 ひょんなことからご縁をいただき「お仕事×収入」も始まって10カ月。 少し売り上げも立ってきました。 ◆「退職前に想定していた早期退職生活」とは本格的に違ってくる 早期退職と同時に「新型コロナウイルスの感染拡大」があったことも…

お仕事の山をこえる

9月から取り組んだお仕事を終えました。 月曜日締切だったのですが、私以外の方の進行が遅れ気味とのことで、明日まで締切が伸びました。というわけで、自己校正をして、改めて本日提出しました。 ◆スーパーインドア生活 お仕事を振り返ると、約10万字書い…

早期退職したら、一番自分にあっている暮らしを得ました

現役時代、心掛けていたことがあります。 それは、職場では、みんなと行う共同作業・協働を優先することでした。 ◆お仕事と時間との関係性 いわゆる事務仕事、ルーティンワークは、作業時間が読めます。 1本当たりの「時間単価(量)」がはっきりしています…

早期退職後の心情の変化

先月あたりから、早期退職後「ネガティブに偏ることが多かった思考・感情」が、少しずつ「穏やか」になってきました。 ◆昭和・平成初期の価値観 わりと、ダメ出し文化なんですね。 重箱の隅を楊枝でほじくることで「完成度を高める」という建前になっていま…

テレビなし生活4か月

松本移住をきっかけに、テレビなし生活を選択しました。 某国営放送も解約し、身軽になって引っ越ししました。 気付いたことはいろいろあります。 ◆テレビに時間を拘束されない 見たいドラマがあると、その時間はテレビの前に座ることになります。 昔々、月…

早期退職1年半のふりかえり(早期退職してよかったこと)

早期退職して、組織を離れ、無職となり、個人で業務委託契約をしてお仕事をもらうようになりました。そうすると、「現役時代×組織に所属」していた頃は理解できなかったことが、体感としてわかるようになりました。 ◆プロ野球選手の「最初に声をかけてくれた…

早期退職者が高校生と対話する?!

という危険な企画がやってきました。 ◆早期退職した人間が高校生と何をしゃべるのか いわゆる「講演」ではないです。 「高校生5~20人」対「私1人」。 内容は、公務員のお仕事とか、プロジェクト学習のこととか、広く「進路」と言われるものですね。お金の…

9月の振り返り(早期退職1年半経過)

今月で1年半。 意外と、あっという間です。 ◆今月は本当に引きこもり 「サイトウキネン・オーケストラ」の公演がキャンセルになりました。 「デュトワ×サイトウキネン×フランスモノ・ストラヴィンスキー」を、自宅から歩いて聴きに行く予定でしたが、さすが…

おじさんたちのパワハラ(令和編)

昭和の表現に「歩く失礼」、平成の言葉に「歩くパワハラ」という喩えがありました。存在をこのように表現することは、「令和」ではタブーだと思いますが…。 ◆一定年齢を超えると、存在がハラスメントになることもある 私自身も振り返ると、危なかったことが…

お巡りさんがやってきた

オートロックのマンションで暮らしています。 部屋のインターフォンが鳴ると、普通は「エントランス」という表示が出ます。 ◆平日の昼下がりにインターフォンがなる ネットで買い物はしていませんから、宅急便の予定はありません。 居留守でも良いのですが、…

早期退職すると「世間の平日が私の休日」

シルバーウイークは快晴でした。 松本城の観光駐車場が「満車」になっていましたから、お出掛けされた方も多かったようです。 ◆少し前までは、夏休み・冬休みをずらして取ることができた そのココロは、お盆・年末年始の混雑を避けて旅行に出たいから(笑)…

「じゃない方」の幸福論

両親を含め、私以外が全員国立大学卒という家族構成でした。 ちなみに、私以外は理系でもあります。 というわけで、生まれた時から「じゃない方」でした(笑) ◆努力は必ず報われる 一般的にはそのとおりです。認めます。 ただし、自分に関しては、この言葉…

松本暮らしの良い所

昨年の今頃、引っ越しを考え始めました。 移住先をどこにするか、ネットで不動産情報を見たり、内見を繰り返したりしながら、自分が何を求めているか、あっている土地はどこか、自問自答を繰り返しました。 ◆松本にして何がよかったか 4か月経過して、秋の…

いじめられる側にも非がある…

教育委員会にいたとき、しんどい仕事の一つは「いじめ案件」。 そこにあるのは「いじめられる側にも原因があるのでは…」という暗黙の了解。 これを言葉にして主張するのが「加害者の保護者」。 さて、どうする。 ◆みんな「いじめ」を「個人の問題」としか考…

新型コロナワクチン接種2回目が終わって

1回目では、副反応は出ませんでした。 しかし、2回目は出ました。発熱と関節痛。接種から4日目の朝を迎えていますが、まだ発熱中。ロキソニン服用中です。 ◆正直、接種をためらう気持ちもあった 注射、嫌いなんです(笑)。 接種後の副反応も怖かったです…

今月のお仕事のこと

業務委託でいただいています。 今月はちょっと大きな案件があり、うまくいけば、早期退職後の最大月収になるかもしれません。 ◆個性は不要 基本的には、求められていること、担当者と同じ価値観、提示されたパターンに沿って進めるわけで、個性は不要。 料理…

早期退職前には「依存先」を増やしておくことが大切

不登校とか出社拒否という言葉があります。 振り返ると、学生時代、今なら「不登校」とされるであろう状況がありました。が、当時は「怠け者」「サボり」としか言われませんでしたが。 ただ、「怠け」「サボり」を許容してくれる文化と、「そういう時もある…

マーケティングで「公共」は成立するか?

1972年(昭和47年)「恍惚の人」(有吉佐和子)が出版されます。 この小説の中で、主人公の妻の口から、日本の人口減少・少子高齢化について語られるシーンがあります。 札幌オリンピックが開催、横井庄一さん発見、あさま山荘事件、北爆開始、沖縄返還、日…

首相退陣…

さすがにちょっと驚きました。 一晩あけて、ちょっと思うことを。 ◆安全地帯から批判だけを口にする人の存在 在職中は「早く辞めろ」。辞めると決めると「無責任」(笑)。 と言うことは、辞める人の存在は「現在の社会課題の本質」ではないというかもしれま…

TVなし生活で3か月経過(2021.8)

TVなし生活のおかげで、早寝早起きが続いています。 朝日を浴びる生活は、とても快適です。 ◆昭和の朝の風景は 夜明け頃になると、新聞配達員のバイク音が聞こえ、牛乳配達の自転車からは牛乳瓶のあたる音が聞こえました。家庭によっては、ヤクルトも取って…

早期退職1年5カ月目の振り返り(お仕事編)

早期退職時の想定では、仕事をするつもりはなかったです。 昔の仲間のお仕事のお手伝いでもできればとは思っていました。 しかし、コロナでそれどころではなくなりました。 ◆きっかけはボランティア 公務員時代に知り合った高校の先生からの連絡。 昨年度か…