55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

振り返り

自分にあった部屋・書斎を構築する

退職すると、在宅時間が増えます。 新型コロナの自粛生活も相まって、24時間部屋にいることも。 そんな中、原稿仕事をするには、やはり環境作りが大事です。 ◆作家「遠藤周作」の書斎 狭く、暗い部屋で小説を書いていたそうです。 部屋には窓もなく、机を壁…

半沢直樹はバブル世代

「オレたちバブル入行組」というタイトルを本屋で見かけて、その場で購入し、はまって、そのシリーズと著者の作品を全部読んでしまったことがあります。 この小説が、TVドラマ化されて大ヒットします。「半沢直樹」です。 ◆作者の池井戸潤は、私の1つ上 池…

断捨離とか、ミニマムな暮らしとか、

ミニマリストの動画が、YouTubeのおススメに上がって来たので見てみました。 …すごい。ここまで徹底するんですね。 ◆ミニマリストのお部屋紹介動画を見て 本当に何もないんですね。ベッドもない。 マットやラグを使わないとか、テーブルは軽くて移動が簡単と…

人は人、自分は自分(早期退職のマインドセット)

早期退職するくらいですから、変わり者なのでしょう(笑)。 人より短い約30年の社会人生活で3回転職し、東京出身なのに東北から沖縄まで転勤。異動は「勤務地が変わる」のが主で、「部署・役職」は変わらない。 まぁ、上も「コイツは管理職向きではない」…

5月を振り返る

早期退職して14カ月。 懸案事項が解決し、少し心が前向きになった5月でした。 ◆終の棲家(?!)に引っ越す 購入を決めても、予算・条件などを満たした物件はあるかは運次第。 しかし、この物件と松本の暮らしは、今のところ満足。 ストレスの生じないリフォー…

早期退職14カ月目の振り返り その3「心と身体がおいつかない」

不動産購入・引っ越し・松本移住を終えました。 落ち着いて振り返ると、焦っていた自分に気付きます。 ◆やはり退職ハイにとらわれていた? 振り返って思うのは、退職前の想定の狂い。 例えば… ・旅行→新型コロナの自粛生活 ・不動産購入→オリンピック後の状…

早期退職14カ月目の振り返り その2「小さなストレスを我慢しない」

今回の不動産購入、移住転居で学んだことはいろいろあります。 中でも大きいのは「小さなストレスを我慢しないこと」です。 ◆節約生活のワナ 節約の実践には「我慢」が伴います。 利便性をお金で買わず、手間暇を惜しまず、工夫で乗り切るってことですね。 …

早期退職14カ月目の振り返り その1

松本に移住して3日目の朝です。 昨日、転居届を出し、晴れて松本市民となりました。 部屋も片付き、PCモニターを2台設置し、新しい暮らしが始まりました。 ◆早期退職すれば「東京」で暮らす必要はなくなる 早期退職時は「賃貸×東京在住」でした。 東京在住…

早期退職生活×自粛生活は「学び」に支えられています

東北時代、東日本大震災を経験しました。 公務員でしたから、自分の暮らしより被災者の支援が優先。 現地での避難所運営や街の復興などに関わらせていただきました。 ◆被災地では、無力感に襲われる日々 被災地では、重いものを運べる体力、理容師・美容師、…

リフォーム工事完了の連絡がありました

今朝の記事で、リフォーム工事の終わりがいつになるやら…と書きました。 すると先ほど、工事完了の電話連絡が(笑)。 現地で完了の確認と、請求書の発行になります。 ◆確認は来週 今週末締切の原稿があるので、確認は来週。 ただ、新居はもう暮らせる状況に…

不動産購入の道(ふりかえり編)

人生2度目の不動産購入。 一生賃貸だろうと考えていましたし、最初の不動産購入時には、これが終の棲家と思っていました。 まさか、人生で二度もマンション(中古ですよ)を購入することになるとは思いませんでした。 ◆中古物件につきものの問題 今時のマン…

断捨離生活を始めてからの変化

モノのない暮らしは、なかなか快適です。 まず散らかることがない、そもそも散らかるものがない。 風通しが良く、エアコン・除湿器・加湿器の効果も高い。 部屋の温度・湿度のコントロールが楽で、水道光熱費も下がりました。 ◆モノが多かった頃 私の場合は…

月間1万アクセスを達成しました

みなさまに感謝申し上げます。 先ほど確認したところ、5月16日段階で1万アクセスとなっていました。 1万アクセスを達成するのは7回目です。 ただ、こんなに早く達成したのは初めてです。 本当にありがとうございます。 ◆アクセス数が伸び始めたのは 「…

早期退職と不確実な日々

世の中に「絶対」はありません(笑) しかし、社会に不安と混乱があり、仕事と日常とに疲労を感じていると、人は無意識に楽園を求めます。救いと言ってもいいかもしれません。 これが、早期退職の神話の根源かもしれません。 ◆早期退職の神話 辞めたら幸福度…

早期退職と断捨離と引っ越し

昨日から新居のリフォーム工事が始まりました。 引っ越し荷物、購入した家具の受取も済ませ、あとは冷蔵庫と洗濯機の搬入のみ。 業者の方に「家具少ないですね」と言われました(笑) ◆断捨離を始めたのは早期退職を意識しはじめた時 当時、仙台の分譲マンシ…

1日「1,000」アクセス!

昨日5月9日(日)の出来事。 夕方頃、アクセス数を見て驚愕しました。 昨日の最終的なアクセス数は「1,150PV」。 もちろん、過去最高です。 ◆みなさまに感謝 たくさんの方にご覧いただき、感謝しております。 本当に、ありがとうございます。 同じ「はてな…

早期退職の「デメリット」を振り返る

早期退職して、1年1か月経過しました。 早いと言えば早いです。ただ、早期退職前の想定の多くはハズれ、今後の生活設計の変更・建て直しが必要でした。 ◆年間200万円で生活できるか… 条件は「賃貸」「自家用車所有」「無職」「食生活は糖質制限で」。 結論…

長野への引っ越しを前に…

早期退職したら、とにかく東京を出ようと思っていました。 維持費の掛からない暮らしをしたいと思ったのです。 とは言え、東京生まれですから、東京がやっぱり暮らしやすいです。利便性、情報量、友人の存在なども、楽に暮らせる要素です。 そこで、昨年4月…

ブログ開設1周年!

昨年5月から書き始めたこのブログ。 今日で1周年です。 で、この記事が300本目になります。 366日で300本も書いたのですね。 ◆ここまでのアクセス数 1年で約85,000PVありました。 昨年10月に初めて月間1万PVを達成し、4月は13,000PVを超えました。 感謝…

体調と食生活の変化(1日1食生活へ)

3月下旬から、体調が悪かったのです。 少しイライラがあり、食べ過ぎの傾向がありました。 原因は、松本のマンションの事務作業が進まなかったこと。マンション内の駐車場に空きがないとか…細かいトラブルがあったのです。 しかし、それらは解決し、少し落…

新型コロナウィルスの1年を思い出してみると

昨年2月、横浜港のクルーズ船あたりから大きな話題になりました。 実際には、その前年の12月にはNHKニュースに登場しています。 昨年2月頃と言えば、早期退職直前。心身ともにボロボロでした(笑) ◆最初の疑問 クルーズ船の対応をDMATが対応したと聞い…

自分で自分を責めてしまうのは

早期退職すると、まずホッとします。 一般論としては「暇で時間を持て余す」「寂しさが募る」と言われていますが、私の場合、そういうことはありませんでした。根が引きこもり体質のせいでしょう(笑) その代わり、自己評価がさらに下がり、過去の自分を責…

気が付けば早期退職して1年経過

今月も残り一週間。 現役時代は「ゴールデンウイーク」を楽しみにしていました。 しかし、早期退職すると「平日が活動日」「休日は引きこもり」になります。 この連休は、もちろんひきこもり…と考えていたら、緊急事態宣言ですね…。 ◆1年前の心境はこちら o…

テレビのない生活へ

東京・関東圏で暮らすと、TVチャンネルが多いですね。 テレビ東京以外にも、埼玉TV、TVとちぎ、テレビ千葉などのローカル局もあります。 我が家の場合は、地上波だけでも9局入ります。 松本市に引っ越すと、地上は6局。うち2局はNHKですから、民放は4局…

不動産購入の道(延長戦)

松本市のマンションは、今日が「引き渡し日」。 それは「大安」だから(笑) ◆引き渡しは「振込」で終了 一般的には、関係者が一堂に集い、儀式・各種説明を経て、金融機関に赴きます。 今回は、オーナーがすでに引っ越しを終えていること、高齢なこと、私が…

早期退職からの不動産購入を振り返る その3

当初は、松本市に住むことは想定していませんでした。 仕事と、プライベートでは私が好きな「北杜夫」が「どくとるマンボウ青春期」で描いた街(旧制松本高校卒)として訪ねたくらいです。すいません。 ◆目次 本当は「軽井沢周辺」「越後湯沢」を狙っていた …

早期退職からの不動産購入を振り返る その2

40代までは「転勤族なので一生賃貸」と思っていました。 東北勤務でかの地が気に入り、仙台市に中古マンションを購入したのが1回目。 これは、沖縄転勤で売却(笑) そして、退職して今回の購入になります。 ◆目次 購入予算を考える 内見した物件の価格 最…

金田の赤いバイク(akira)

東北で暮らしていた頃の思い出話です。 海外からのお客様をご案内する時、ドライバーを仰せつかっていました。 ある時、宮城県の登米市を訪問することがありました。 ふと思いついて「宮城県佐沼高等学校」の横を通ってみました。 通過しながら「これが大友…

早期退職1年の振り返り(その3)

人生にも「旬」があるようです。 私の場合は40代前半。40代後半に身体を壊して入院した時、旬は過ぎました。 早期退職のタイミングをうかがうようになったのは、それ以降です。 ◆目次 早期退職後の暮らし ひっそりと暮らすのが大切かも ひっそりと暮らしてい…

早期退職生活10カ月の振り返り

テーマ「早期退職してよかったこと」 早期退職が正解かどうかは、まだわかりません。 ただ、人生にも、思考にも「余白」が生まれたことを実感します。 余白のおかげで、いろいろなことがわかるようになったと感じます。 というわけで、早期退職後の変化をい…