55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

もう一度働く気はないのですが、少しは収入があった方が良い…

テーマ「無職からの収入作り?」

 アーリーリタイアした方のブログを拝見すると、投資で資産形成、収入確保されている方が多いです。

 こちらは投資経験なし。これからiDeCoかNISAでも始めようか…というレベル。

 自分のために「ファイナンシャル・プランナー」の勉強を始めようと思う今日この頃です。

 ◆目次

 

早期退職して半年

 少し、地に足がついた暮らしになりつつある実感があります。

 新型コロナによる自粛生活は、退職前にイメージしていた暮らしとかなり異なるものでした。しかし、おかげで「退職ハイ」にはまって生活が乱れることはなく、自宅で過ごす生活、時間を工夫し、節約を進めることができました。  

 

生活費が下がった3つの要因

 家計簿アプリでわかったのは…

 ・外食、カフェに行ってない(自炊率100%)

 ・旅行に行ってない(先月、1泊で気仙沼には行きましたが)

 ・本を買ってない(図書館利用しています)

 つまり私の人生の楽しみである「カフェ巡り」「旅行」「読書」が削減されているのです。…これは寂しい。

f:id:ojisann52:20190629211254j:plain


 

欲しいのは「ゆとり」の費用

 とは言え、生活費のベースは、現状で維持したい。

 であれば、カフェに行く、月1で旅行に出る…それくらいの収入があればOK。

 そのためには月1~2万円もあれば、今の私には十分。

 これをどうやって稼ぐかですね。

 

選択肢はいろいろありますが

 過去の経験を活かすより、何か新しいことを始めたい気分です。

 早期退職生活のメンタルが、少し前向きになってきたのかもしれません。

 これからは「学びつつ稼ぐ」を目指してと思います。

 

 「早期退職後の暮らし」には定番のイメージがあります。

 地方移住、起業、投資などで成功されている先人も多いです。

 そんな中から「自分らしい暮らし」が少し見えてきました。

 楽しみはこれからですね(笑)