55歳で退職したおじさんのブログ

投資・副業・役職経験のない平凡なサラリーマンでした。贅沢しなければ辞めても暮らせる程度に貯まったので早期退職。「健康で文化的なビンボー生活」を楽しみつつ、旅行、沖縄、小説、アーリーリタイア、健康、メンタルヘルス、シニア、ライフスタイル、不動産購入、ブログ、日々の暮らしなど記していきます。

男子校・女子校・共学

 

 民間から公務員に転職して、「これが公務員の世界?」と思ったこと(違和感)があります。ただ、その要因を考えると大きく2つではないかと思いました。その一つが、「男子校文化・女子校文化」です。

 

 私自身は、都内の共学私立高校出身です。大学も人文系でしたから、男女比で言えば女子の方がやや多めという環境で育ちました。で、公務員に転職すると、何せ平成初期ですから、まぁ男性多め…。所属部署全員男性ということもありました。

 で、男性の多くは、男子校出身が圧倒的に多い。

 東京勤務の場合は都内の私立中高一貫男子校、地方勤務の場合は地元の公立進学校(男子校)が過半数を占める。女性の場合も同じ。都内の中高一貫女子校や公立進学校(女子校)出身。

 で、こういう人たちに共通の特技は「エール」。

 いわゆる「応援練習」があって、そこで身に付けている。

 もちろん、普段はとてもスマートで洗練された仕事ぶりなのですが、少しお酒が入ったり、会議が白熱してくるとスイッチが入る。共学出身者よりも、「距離をつめてくる」感じ。

 

 で、最初は戸惑いましたが、そこで思い出したのは、「どくとるマンボウ青春期(北杜夫)」。旧制松本高校に入学し、至誠寮で暮らした作者の体験を記した作品。

 要するに「逆説文化×ハイコンテクスト社会」なんですね。「バカヤロー」が誉め言葉の世界。他者に干渉はしないが、尊敬はし合う。ただ、尊敬を得るまでは周囲のマウントに耐えねばならない。自分の居場所は自分で見つけないといけない。無言実行が尊ばれ自己責任度も高い。自己解決能力も必要。

 公的な関係に「嫉妬ややっかみ」を持ち込む人もいて、そういう人から距離を置くこと・身を守ることも大切。逆に言えば、そういう人に絡まれてしまえば自己責任。そういう人とお仕事をする際は、「懐柔・根回し」して危険回避するか、「完膚なきまでに叩きのめす」かの二者択一。そのココロは、「合理的な判断、論理的な思考ができないバカ」「感情論を振り回すアホ」に正義は通じないということ。適当に機嫌とっておけ、それも仕事のうちということ。

 

 なるほどな~。これも知恵ですよね。

 で、そういう人たちと少しずつ親しくなり、お話を聞くようになります。

 で、それぞれの学校を卒業してから、「あ、これが男子校・女子校的感覚なんだ」ということにどこかで気づくそうです。そこでスイッチの切り替えが可能になるとか。

 逆に、「あの人はまだ気づいていない」というケースもあるそうです。上司からの評価は高いが、同期・同僚からの人望は薄い人に多いとか。そういう人が出世すると、「部下を壊す」か、「ハラスメントで自滅」することが多いそうです。

 

 で、そんな世界に迷い込んだ共学出身の私は、希少種。

 評価は、バランス感覚は秀でているが、お仕事や昇進の意欲が薄い。

 そういう私は、「部下を壊すことの多い上司」「根回し・懐柔が必要な議員」「感情的なクレームが予想される業務」を担当することが多かったような…。よく言えば「私しかできない」、言い換えれば「アイツにやらせとけ」ですね。新規業務・プロジェクト業務が多かったのもそのせいだったかもしれません。スクラップ&ビルドで言えば、「スクラップ担当」。

 

 で、これは「公務員の世界に独特なもの」ではないということ。

 世界でも日本でも、「男子校・女子校」はマイノリティーです。でも、それぞれの持つ文化の影響力は大きいですね。

 一応、誤解がないように付記しますが、「すべての学校を共学に」という考えはありません。「男子校・女子校」という選択肢があった方がよいと思いますし、そこで磨かれる才能、そこが居場所となる生徒さんもいると思っています。

 また、「共学だからバランスがよい」というわけでもありません。それは、個人の資質によるものが多いはず。

 そんなことに気づいてから、「ハイコンテクスト文化の中での合意形成」を考えるようになりました。ハイコンテクスト文化(たとえば漢であることを求められる組織)における多数決は正しいのか、それは無意識に強要されたものではないか、思考停止していないか…です。

 

 これを、今のお仕事に少し活かしています。

 来年は、論文にまとめたいものです。

 

 

一時間歩くと6000歩以上歩いている?

 

 というわけで、朝のうちに今日のノルマの半分を終えたので、散歩に出ました。

 今戻ってきたところ。

 今日のコースは、松本城から松本駅イオンモール松本から自宅に戻るやや大回りコース。

 所要時間は1時間ほど。約6,500歩で消費カロリーは1,000を少し超えたくらい。

 先週末は天気が悪くてサボりました。少しサボったことで足を休めることにもなったのか、昨日・今日は、長めに歩いても足腰が痛くなりません。快調です。

 しかも、少しやせたためか、靴が大きく感じるというか…。

 

 歩きながら、残りの原稿の構想を練りました。

 やはり、歩くことで作業効率が高まるんですね。

 で、今日の収穫は、最後に寄ったイオンにあります。

 

 モールの店舗は、それぞれクリスマス商品・歳末福袋などを置いています。

 そうか…年末なんですね。

 で、そういうものを見ても「欲しい」と思わなくなっていました。

 ついに、物欲から離れたのでしょうか(笑)

 

 そういえば、懸案事項であったメガネは少し前に新調しました。

 パソコンも、中古ノート2台体制にして快適度があがりましたし、モニターアームを使うことで机上の作業環境が劇的に向上しました。

 松本の寒さ対策も、防寒着・リフォーム・灯油ヒーターで解決。

 そうなると、今所有しているもので、今冷蔵庫にあるもので生活可能です。 

 そんなこんなで、お店に寄っても「○○があるから大丈夫」となります。

 

 「物を持たない」というレベルではありませんが、「あるものでだいじょうぶ」まで物欲をコントロールできるようになったという自己発見。

 知識は新しく、モノは古くなっても大切に…と思う今日この頃です

 

 

年齢を実感すること

       白馬です。ここにセカンドハウスがほしい…。

 

 年を取ってきたな…と実感することの一つに、リアルタイムで見てきた出来事が、ドキュメンタリー系番組になっていることがあります。私の場合だと…

 小学校1年 よど号事件・あさま山荘事件

 小学校4年 長嶋茂雄現役引退

 中学3年生 3年B組金八先生開始(中学生の妊娠のシリーズですね)

 その後、夕張炭鉱の事故、豊田商事事件などが続きます。

 そして、ベルリンの壁崩壊、日航123便アメリ同時多発テロ東日本大震災と続きます。しかし、東日本大震災の時、現在の高校生は生まれてはいますが、すでにその記憶は薄い。

 これを自分に置き換えると、小学校入学前後は70年安保の頃。社会人になった時、少し年上の、特に有名大学卒業の方には成田闘争に参加したとか(機動隊に火炎瓶投げていたらしい…)そういう方がいました。大学時代、「革マル派」がいてセクト内で抗争をしていました。ある日、大学の正門が警察に封鎖されていて「どうしたのか」と思っていると、「昨晩、他大学の過激派との構想があって、自治会の○○さんが…(以下自粛)」ということがありました。

 また、ある大学で行われた小さな学会に行くと、校内に入れず学会は中止となりました。「○○」というグループによって「校内がロックアウト」という顛末。

 そもそも、大学受験の時に通った「代ゼミ」で出会った先生に、「べ平連」の事務局長さんいました。しかし、こうした出来事の多くは、すでに「教科書」に掲載されています。つまり、私が10代の頃の大人たちの「戦争経験」と同じ…なんですね。

 ですから、高校生から見れば、私は「タイムマシン」に乗ってやってきた人。

 「学級新聞を鉄筆で書きガリ版印刷する」という文章内にある名刺は、すべて死語になっています。

 

 ただ、こうした出来事を機に世の中の価値観が変化していったのも事実。

 それは、古い価値観が「古いもの(アンシャンレジームですね)」と認定され、その価値観では未来に負債を残すだけなので、別な価値観に移行しましょうということ。

 別な価値観とは、それまでもあったのですが否定されていた価値観ですね。

 そういう価値観の変化と、社会的に大きな事件・出来事を結びつけていくと、「なぜ」が見えてくる…という視点を大事にしています。そこに、大学入試であれば「評論文・小論文」のポイント、企業案件であれば「研修の目的」があるんですね。

 

 人口減少社会の中で消滅可能性のある自治体の中に、「昔、鉱山で栄えた街」というパターンがあります。ここから、農林水産業や精密機械工業などへ移行できた街は現在も続いています。しかし、地理的に他産業への移行ができなかった街は消滅していきます。

 同様に、「昔の繁栄を取り戻そうとする年配者」が、行政・議会などで強い発言力を持つ自治体は、なかなか苦しいです。ちなみに、全有権者のうち65歳以上が50%という自治体もあります。個人的に「学生時代に火炎瓶投げていた人」は、そろそろ…と思うことがありましたが、同様に「バブル時代に社会人になった私」も、そろそろ…なんですね。

 一応、民主主義とか選挙とかは「多数決」の原則が強いです。

 人生常に「少数派」だった私も、いつの間にか「多数派」です。思想信条ではなく多数派になってしまうんですね。となると、きちんと未来を見据えている人に投票しないとますいです。既得権優先や地元利益誘導型の発想の人を「議決機関」から排除しないと…ですね。

 

 なんてことをふと思う今日は勤労感謝の日

 まず、今週〆切の原稿を片付けます。

体調をどのように維持するか、回復させるか

 

 追加で緊急案件も入り、12月27日までのスケジュールが埋まりました。

 そんな時こそ余裕が必要なわけで、朝のうちにノルマの半分を済ませると白馬に向かいました。

 数日前の積雪はかなりの量だったようで、スキー場がくっきりと浮かび上がっていました。天気も良く、山の景色に囲まれ、とても癒されました。東北も九州も美しかったのですが、やはりここが落ち着きます。はい。

 

 で、おいしいパンを購入し、食事を済ませて帰途についたのですが、もうすぐ自宅…というあたりで胃が痛くなりました。腹痛ではないんですね。胃痛。

 原因はわかりません。強いて言えばストレスでしょうか??

 お仕事したくないのかもしれません。まぁ、でも、ここで稼いでおかないと、来年の納税が苦しくなります。為替も株も下がってきましたから、稼ぎます。

 そんなわけで、昨日は休養日にしました。帰宅して爆睡、目覚めて爆睡。そして先ほど活動再開です。幸い、午前中は太陽光が入ります。暖房無しでも部屋は暖かいです。

  

 今週は、減量というか、意図的に食事量を減らし、歩く距離を伸ばして、体調を整えようと思います。結局、一番体調がよい時って、食べない時なんですね。

 お腹が減っている時が体調は良いという、ジレンマ度の高い状況。

 ちなみに、お仕事の時は何かつまんでいる方が原稿が進みます。これもジレンマ。

 で、このジレンマが胃痛になっているのかもしれません。

 解決は、「食事量を減らして歩く」しかないわけで、それを意図的にと思います。

 

 年末進行に向けて、体調を整えつつですね。 

 で、体調不良とその回復についてもわかってきた、松本で3度目の冬です。

 

今年の収入と来年の納税額

 

 今朝の最低気温は、-3℃とか…。現在は0℃。

 晴天で放射冷却もあるのかもしれませんが、寒いです。

 先ほどまで、エアコンと灯油ヒーターを同時に稼働させていました。

 

 昨日、今週末〆切の原稿を提出できました。ホッとして買出しに行き、戻ってくると、新たな案件が入っていました。ううむ。ありがたいけど、ちょっとしんどい。

 でも、頑張ろう…と思います。それは…

 

 一応、今年の収入はほぼ確定しました。

 そうなると来年の税額が見えてきます。これが…

 ・年金    198.240円

 ・保険    10万円以上

 ・住民税   10万円以上

 ・固定資産税 約56,000円

 ・自動車税  約35,000円

 というわけで、来年は50万円以上になります。まいったな…。

 どうやら、収入に対し税額が高めになるゾーンにいる感じです。もっと稼ぐか、逆にお仕事辞めて非課税世帯になるかになりますが、とりあえず、今の選択は稼ぐですね。

 

 ちなみに、来年1月には車検もあり、自動車保険の更新もあります。大学の学費も…。

 ここは発想を変えて、「年金・保険・税金・自家用車維持経費」は稼げている。その分、手持ち資金の減少は抑制されていると思った方がポジティブになります。

 松本市図書館で借りている本を全部購入していれば、ものすごい金額になるでしょう。そういう無料の公共サービスも得ていますから、ここは粛々と稼ぎ、粛々と納税ですね。

 

 ちなみに、来年の誕生月で60歳・定年退職の年齢になります。

 ただ、早期退職したおかげで、60歳以降の準備が整いつつあります。

 早期退職直後はいろいろ大変なこともあり、今も「税金などの支払い」に絶望することもある日々です。でも、早期退職したおかげで今の暮らしがあるわけで、時間の経過とともに、やはり早期退職してよかったという気持ちが大きくなっています。

 

 早期退職すれば、世代交代が進みます。

 早期退職する人が増えれば、世代交代がさらに進みます。

 ええと、早期退職生活って楽しいですよ。のんびりできますよ。自分のペースで暮らせますよ。暇を持て余すことはないですよ。寂しいこともないですよ。

 むしろ、面倒な人間関係を手放し、健康を取り戻し、お金のかからない暮らしを楽しめます。そんな今日この頃です。

ふと昔の金欠生活のことを思い出す

                近所のイオンの展望デッキから

 

 灯油は、「96円/ℓ」でした。

 昨年は98円、先月購入時は99円でしたから、少し安い。

 購入先は同じ。松本市内の少し安めのエネオスです。

 

 昨日の食事は、玄米・キムチ・大根・豆腐で終了。

 ベジタリアンみたいな食生活ですが、そのせいでしょうか、よく眠れる、身体が軽い、よく出る一日でした。

 近所のスーパーで見つけた玄米は、「長野産×新米×無洗米×糖質32%カット」という逸品。そして、秋まで痩せたものが多かった白菜や大根ですが、やっと大きく育ったものが店頭に並び始めました。価格も通常モードになってきたのがうれしい。

 今年の冬は、大根と何かの煮物、白菜をつかった鍋で過ごそうかと思います。

 

 大学院時代、結構な金欠生活になりまして、「風呂を大学のシャワーで済ませる」「1日1食になる」と進みました。その頃はキャベツが主食。ロールキャベツを作りたくてもお肉が買えないため「オールキャベツ」。そして、電気が止まると調理ができなくなり、「マヨネーズとキャベツ」という、焼肉屋の突き出しみたいな生活になりました。

 金欠の要因は、一人暮らしを始めたことと、論文のために見境なくお金をつぎ込んだこと。これではいけない…というわけで、教授から高校の非常勤講師を紹介されました。しかし、こういうお仕事には「ドレスコード」があります。スーツなんか持っていませんし、といって今のようなリクルートスーツもありません。当時出てきた「AOKI」「コナカ」などでも上下を2着購入すれば、6万円くらいかかりました。クリーニングにも出さないといけません。

 手持ち資金はあっという間に底をつき、帰宅すると「あれ、電気がつかない」となりました。

 

 そんなことを思い出しつつ、今は、ワークマンで防寒具を購入し、節約を楽しみながら老後の準備を進めています。電気が止まることはないと思いますが、凍結で水道が止まることは防ぎたい。

 そんなことを思う今日は月曜日。一週間の始まりです。

 

のんびりした週末と冬支度

 

 大町市で大雪警報、積雪もかなりだそうです。

 松本市から北に向かって約33㎞、車で45分くらいの場所。

 (松本~安曇野~大町~白馬~小谷~糸魚川

 明日は、白馬のおいしいパン屋さんにと思っていたのですが、行けるかな??

 

 というわけで、昨日、エアコン暖房を入れました。試運転という感じ。

 今までは、「日没」と同時に灯油ヒーターを入れていましたが、そろそろ「日中」も暖房が欲しい気温になってきました。

 ついでに言えば、二重窓の外側が結露し始めました。冬の到来を実感します。

 

 今日は、灯油の買出し(土日がサービスデーなので)。

 それ以外は、大人しく部屋でお仕事しようと思います。来週末〆切の原稿があるのですが、これの初稿を書き終えたので、見直し・推敲をして、できれば早めに提出したいと思います。

 おかげさまでというべきか、12月に大きめの案件が2本入りました。

 これは「越冬資金」になりそう。いろいろ値上がりしていますから、助かります。

 

 松本で3度目の冬になりますが、今年もスタッドレスタイヤへの履き替えはしない予定です。冬は歩く。

 ただ、寒暖差が大きな松本では、真冬でも日中の気温が10℃くらいまで上がる日があります。そういう時に、灯油の買出しですね。

 ちなみに、松本(市街地)で「雪が積もること」はあまりありません。雪に閉じ込められるという日は、ひと冬に1~2回。また、最高気温が氷点下になる真冬日も、そんなに多くはありません。ただし、最低気温が氷点下10℃くらいになります。

 道路や水道の「凍結」には十分な対策が必要。

 ちなみに、安曇野あたりにお住いの方は、すでにスタッドレスタイヤ着用。

 市内は「川・橋」が多いので、出勤・帰宅時の凍結対策は重要です。

 

 私自身は、長い東北暮らしと、若いころからのスキー場通いで、雪道の運転は一応慣れてはいます。とはいえ、松本移住を決めた時、「ああ、移住しても冬はタイヤを履き替える生活か…」と少し嘆息しました。お金も時間もかかりますし、何より「冬道の気をつかう運転」をまたしないといけないということ。

 しかも、松本市街地は「城下町」ですから、道が細くて狭い。また、市街地から外に出ようとすると、アップダウンの大きな峠越えがあります。

 で、思い切って「冬は車移動をしない暮らし」を試みました。

 あくまで「市街地限定」ですが、可能です。そもそも市街地であれば、車無しでも生活できる土地ですから。

 

 寒い地域・積雪地帯への移住をお考えの方は、「冬の暮らし」を基準に移住を検討することをお薦めします。「冬のコスト」は馬鹿になりません。

 「暖房費×タイヤの履き替え×防寒具」は、年間生活費のかなり多くの部分を占めます。この件、いずれまとめようと思います。

 (そういう意味で、沖縄暮らしの経費は楽でした。ただ、那覇市街地の家賃×自家用車必須という部分は意外とかかります)